2017年04月28日

カモシカタイム

滅多に人の通ることのない家の裏の道でなにやら音がする…という時は、大抵カモシカが来ていることが多いです。

カモシカ 2017.4.JPG

私の存在に気付いてもなお、悠然と草を食べ続けるカモシカ。
そんなカモシカを眺めながら私も椅子に腰かけてしばし休憩タイム。

2017年04月27日

原木椎茸

ご無沙汰しています。
ブログの更新が実に一年ぶりになってしまいました。

高山は今が春真っ盛り。
最近は、日毎に芽吹いてくる木々の葉を眺めたり、
あちこちで鳴いている鳥達のさえずりを聞いたり、
満開の桜の木の下をくぐるのが嬉しくて、
買い物や子どもを迎えに行くついでに少し遠回りをして
町なかを歩きまわっています。

さて、3年前に娘が菌打ちをした椎茸ですが、
今年になってようやく出てきました。

原木椎茸.JPG

ひとつ出始めたと思ったら、そのあとは一斉にポコポコと!
このところ、毎日食卓に椎茸料理があがっています。

食べきれない分は干し椎茸にしてみました。
数日天日に干した後、昨年導入した蓄熱式薪ストーブの上に並べて現在さらに乾燥中♪

干し椎茸.JPG

2016年05月13日

薪焚きのお風呂

今年は季節の進みがはやいですね。
桜も3週間ほどはやく開花しましたが、ここ数日の夏のような陽気で昨日からはやくも蝉が鳴きだしました!

さて、今回は家のリフォーム関連のお話。
昨年からお風呂の灯油ボイラーの調子が悪くなり買い替えることになったのですが、このたび新しく選んだのは薪焚きの風呂釜。

長府製作所というメーカーから出ている薪と灯油が併用できる便利な風呂釜です。このタイプは現在では2社ほどでしか作られておらず、設置の仕方も独特なため、施工してくださる業者を探すのに少し苦労しました。

maki furo stove.jpg


そしてなんといっても必要になるのは大量の薪。
まずは日曜大工で夫が薪小屋を作り、家族総出で一日かけて薪屋さんから運ばれてきた薪をせっせと積んでいきました。バランスをとりながらきれいに積み上げていくこの作業はすごく楽しかったです! 2tトラック2台分の薪が無事に収まりました。

maki stock.jpg


さっそくお湯を沸かして入ってみた感想としては・・・、
なんとも気持ちがいい!若い頃通っていた銭湯のお湯を思い出します〜。夫には気のせいだと言われるのですが、どうもお湯がまろやかに感じます。

リフォームといっても今回は性能としては退化しているような気もしますが(お湯張り機能や温度設定機能などはもちろんありません・・・)、結果的には大満足!
7年前に高山に越してきたのをきっかけに、まずはテレビと電子レンジを処分。最近になり炊飯器も処分しました。夜はランプを灯し、私以外の家族は皆20時には就寝・・・。先日は長年愛用していた電子辞書がいよいよ壊れ、全てを紙の辞書で揃え直しました。
どんどん時代が逆行しているかのような我が家です。

2016年02月08日

針供養

この10年の間に溜まりに溜まっていた、折れたり曲がってしまったりして使えなくなった針。このたびようやくそれらを供養することができました。

hari-kuyou(1).JPG

本日針供養にでかけたのは、昨年の八日市でもたいへんお世話になった 飛騨国分寺さん。

hari-kuyou(2).JPG

1時間ほどの法要でしたが、役目を終えた針に対して、改めて労いと感謝の気持ちを捧げる時間を持てたことがよてもよかったです。

法要のあと、お菓子とともに、新しい折れ針を入れる箱をいただきました。
これでまた清々しい気持ちで、明日からの制作に向かえそうです。

hari-kuyou(3).JPG

2016年01月29日

雪遊び

今週の初めに久々に積もった雪でさっそく雪遊び。
斜面を利用してソリ滑りをしたり、スノーエンジェルを作ったり・・・。
娘たちは転げまわりながら、雪まみれになって遊んでいました。

2016 snow(1).JPG  2016 snow(2).JPG

今年は他所の地域では記録的な降雪などで大変なところもあるようですが、高山では非常に雪が少ないです。今年に入ってまだ2回しか雪かきをしていません。ありがたいことではあるのですが、なんとも変な感じがします。

今日も外は雨。1月に雨が降るなんて本当に珍しいことです。娘たちが庭に作った雪山や雪だるまも、今日の雨ですっかり融けてしまうのだろうな・・・。

2016年01月09日

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願い申し上げます


高山に越して来て以来、初めての雪のないお正月!
スノーブーツの出番もなく、軽やかな足元で出掛けられるのが嬉しいです♪

あまりの陽射しの気持ち良さに、もうすでに今年の初ピクニックも済ませてしまいました〜。新年早々川の端でお弁当を広げている私たち家族を見かけたあるおばあさんが、家からわざわざ林檎をむいて持ってきてくださる、という嬉しい出来事もありました♪

昨年中は、絢工房としての活動の機会を数多くいただき、それらを通じてたくさんのご縁や出逢いがあり、本当に新鮮な嬉しい一年となりました。
刺し子に出会って20年。狂ったように刺し続けること10年。何やかや、私はずっと刺し子に助けられてきたのだなぁと改めて感じた年でもありました。

本年も皆様にとって素晴らしい一年となりますように!

2015年12月19日

クリスマス ストッキング

キルト、編み物、縫い物と何でもこなすアメリカのお義母さん。今年は娘たちにこんなに可愛いアップリケのクリスマス ストッキングを作ってくれました!

christmas stocking.jpg

今秋に日本へ来た時に持ってきてくれたのですが、見た瞬間あまりの手の込みようにしばらく愕然・・・。

「これは相〜当時間が掛かったんじゃないですか?」と思わず尋ねると、「そうね。でもとっても楽しかったわ。うふふ。」といつもの穏やかな微笑をたたえるお義母さん。今年はこの他にも娘たちのベッド用のキルト、ぬいぐるみ用のドールキルト、クリスマスツリー用のキルトスカート(ツリーの根元に飾る布)も作ってきてくれました。

フルタイムではないものの、まだ仕事も続けているお義母さん。加えて最近は庭師になる勉強も始めたそうです。そんな意欲的なお義母さんと話をして、『私ももっと時間の使い方を工夫しよう〜。』とつくづく思いました。

そして昨日、やっと居間にクリスマスの飾り付けをしました。鉢植えのツリーを部屋に入れ、壁掛けキルトツリーと一緒にお義母さんの作ったストッキングを早速吊るしました。それを見つけた娘たちはもう大喜び! 自分専用の可愛いストッキングができたことがとても嬉しいようです。


それと、今年は娘と一緒に初めてクリスマスリースを作ってみました。

wreath 2015.jpg

見様見真似で作ったリース。材料は全て裏の森で拾い集めました。
赤いリボンを付けたら娘も納得してくれ一安心。

今年は暖かくて積もるほどの雪はまだ降っていないのですが、ホワイトクリスマスになるといいな〜と思います♪

2015年12月07日

カレールー作り

最近少しずつ料理に興味を持ち始めた4歳の長女。先日突然、「おかあさん、カレールー作りたい!」と言い出しました。何故カレーではなくてカレールーなの??と不思議に思い訊いてみると、出処は娘が読んでいたこの本でした。


カレーのひみつ

なんとこの本、子供向けの本にもかかわらず、カレーのルーを作るところからスタート。
もとい!まずたくさんのスパイスからカレー粉を作るところから始まる、たいへん本格的なカレー作りの絵本でした・・・。

かくして、初めてのカレールー作りが始まりました。
家庭でも作れるように最後のページに分量なども詳しく書かれていたので、絵本に載っている写真を参考にして作っていきました。

curry roux(1).JPG
バター、にんにく、生姜、小麦粉、ブイヨン、すりおろしたリンゴ、蜂蜜、カレー粉(20種類のスパイスを混ぜたもの)を用意し、

curry roux(2).JPG
炒める。

curry roux(4).JPG
容器に入れ、数日間熟成させる。


およそ20種類ものスパイスを揃えるのはさすがに大変なので、今回はこちらを使いました。


手作りのカレー粉セット (袋) 100g

これは便利!このギャバンの気の利いた商品のおかげで、想像していたよりもずっと簡単に本格ルーが出来上がりました。
このルーを使って、明日は娘と一緒にカレーを作る予定です♪

2015年11月17日

ケシゴムハンコ

てしごと舎さんでの「White on White」展が終了しました。
連日たくさんの方にご来場いただき感謝しています。
他の出展者の方や、来て頂いた方々とのお話を通じて勉強になることがたくさんあり、とても刺激をいただいた3日間でした。

今回大人気だったのが、「ケシゴムハンコ ヨシダヤ」さんのワークショップ。
私もやってみたいなぁ・・・と思いつつ、あまりに細かそうな作業に躊躇すること2日間。でも参加された皆さんのハンコが完成した時のとても嬉しそうな表情を見て、最終日になって私も挑戦することにしました。

せっかく作るのなら今後も色々なことに使えるものをと思い、ずっと欲しかった屋号の落款を作ることにしました。彫り方のコツを教えていただきながら、なんとか完成したのがこちらです。

tenkoku(1).JPG
(篆刻用の透明な長い消しゴムを使いました。)

たしかに、もの凄く達成感がありました! 押す度になんとも嬉しくなります♪
やはりこの嬉しさは、息を詰めながら頑張って自分で彫ったからだろうなぁと思います。ヨシダヤさん、ありがとうございました!

こちらの写真はヨシダヤさんの作品。
スペインの切手から写したという、そのハンコのなんと繊細なこと!
元パティシエでいらっしゃるヨシダヤさん、その美的センスと手先の器用さに感動しました。

yosida-ya.JPG

2015年11月12日

秋深し

今年も紅葉が綺麗でした。
今時分ははやくも葉が落ち始め、神社の参道などはまるで深紅の絨毯が敷かれているようです。
娘たちにとっては落ち葉はとても楽しいもののようで、毎日飽きることなく落ち葉を集めたり、かき集められた落ち葉の山の上に座って遊んでいます。
 
kouyou.JPG  otiba.JPG


さて、てしごと舎さんの企画展「White on White」がいよいよ明日から始まります。「白」をテーマに、異素材を扱う様々な作家さんが参加する面白い企画です。
私も普段の刺し子の作品に加えて、今回は西洋の刺繍やこぎん刺しの作品を携えて初参加させていただきます。いちクラフトファンとしても、他の作家さんの普段の作風とはまた違った作品を見られるのがとっても楽しみです♪

さらに当日楽しみにしているのが、室内装飾のプロであるLOTUS BLUEさんのディスプレイ! おもいおもいに集められた異素材の作品をどのように展示し、どのような空間を作ってくださるのか。その空間作りこそがLOTUS BLUEさんの最大の作品と心得ます。

最後に、昨日の搬入時での写真をちょこっと。

white on white.JPG

2015年09月09日

お琴がきた!

毎月のように高山へ遊びに来ている実家の母。
この度の訪問では、孫にプレゼントするためのお琴を携えてやって来ました!

さっそく子供達の前で童謡やジブリの曲などを次々と演奏してくれました。
初めて見るお琴とその音色に、興味津々の娘達。間近で食い入るように見ていましたわーい(嬉しい顔)

koto.JPG  koto(1).JPG

幼少時からお琴に親しんでいた母は、私が子供の頃は自宅でお琴教室を開いていました。今でも、小・中学校の音楽の授業などで子供達に邦楽に親しんでもらう活動をしています。

そういえば、以前に母に頼まれてお琴を題材にした暖簾を作ったことがあります。弦を支える琴柱(ことじ)を図案化したものを並べて模様としました。

noren(kotoji)-2.jpg


下の写真は、今回一緒に持ってきてくれた、私が学生の頃に使っていた譜面入れと爪入れです。懐かしい〜かわいい
やはり和楽器は周りの小物も可愛いですね♪

koto(2).JPG

2015年08月18日

滝めぐり

夏が終わってしまう前に・・・と、隣町にある「宇津江四十八滝」という県立自然公園へ行ってきました。
渓谷に沿って遊歩道があり、頂上まで大人の足で1時間ほど掛かるでしょうか。およそ1kmのたいへん美しい登山道です。私も夫もとても気に入っている公園で、毎年夏になると家族で出掛けています。

48taki(1).JPG

娘が小さいときは、夫が背中に負ぶって登っていました。(上の写真)
今年は2歳3ヶ月の次女が登山に初挑戦。すぐにおんぶすることになると思っていたのですが、なんと!自力で頂上まで登ってしまいましたがく〜(落胆した顔) しかも手も繋がずに。私が何度も手を繋ごうとしても、手出し無用!とばかりに振り払われましたふらふら

48taki(2).JPG  48taki(3).JPG

結局チャレンジャー気質の次女は、自分の腰ほども高さのある石段をよじ登りながら、1時間半掛けて登頂。本人はそれは満足気でしたわーい(嬉しい顔)

48taki(4).JPG

遊歩道の途中にある、北アルプス連峰が一望できる展望台。
この景色が見たいがために、きっとまた来年も登ってしまうことでしょう。