2007年05月19日

古麻布の暖簾

old-hemp noren (3).jpgずっと前に原宿・東郷神社の蚤の市で見つけた古い麻布。
おそらく蚊帳を解いたものだと思います。
薄浅葱の染や、むらのある織の風合いが一目で気に入り購入しました。

いつか何かに使おうと長い間大切にしていて、結局反物のままアメリカまで持って来てしまいました。

改めて布地を見てみると、相当古いせいか布も弱っており、あまり鋏を入れられそうになかったので涼しそうな素材を活かして夏用の暖簾に仕立てることにしました。


old-hemp noren (detail).jpg併せて当時の人が布のほつれを接いだ部分も見つかりました。

その接ぎ方や糸の色も面白かったのでそのまま残すことにして、バランスが取れるように配置しました。


実際に縫ってみると、布の劣化に加えて麻布のためか布目が粗く、とても縫いにくくて苦労しました。ゆっくりと慎重に針を刺していき、なんとか作ることができました。

新しい布にはない独特な風合いがあり、見た目もとても涼しげで気に入っていますわーい(嬉しい顔)


材料
布・・・ 古麻布 32p×330p
糸・・・ フランス刺繍糸(DMCリネン435番) 少々
タグ:暖簾

2007年05月11日

新緑の季節

hidden trail (1).jpg  hidden trail (2).jpg

まだ引っ越して来たばかりなので、最近はカメラを片手によく街を散歩しています。

先日は、街に出る近道を探そうと地図に載っていない道を探検目

するとなんと、すぐ近所にとても美しい小道を見つけてしまいました。

ずっと以前に使われていた歩き道で、車が主流となった現在ではほとんど使われていない裏道です。


道を進んでいくと途中から森になり、一面ここは何所かと思うような景色になりました。

森の中を歩くのは本当に気持ちがいいですね。
新緑の葉っぱの木漏れ日を浴びると、自然と気分が一新されますわーい(嬉しい顔)

2007年05月02日

柿の花の手提げ

lunch-box bag.jpg

突然ですが、夫は毎日会社にお弁当を持っていきます。
今まではお弁当と水筒を別々に持って行っていたので、どちらかを忘れてしまうことが時々ありました。そこで、

「新しい職場になったことだし、お弁当バッグも新調しよう!」

ということで、両方が入るサイズのお弁当用の手提げを作ることにしました。


まえに作った柿の花の模様がすごく気に入ったので、今回も少しだけ形を変えた一目刺しの柿の花模様にしました。お弁当を入れるのでマチは広めで10p、バランスを取るため持ち手にも少し刺し子を入れました。

お弁当と水筒の他にもちょっとした物が入れられて、忘れ物が少なくなったと夫には好評です♪


参考
かんたん刺し子の袋物」 吉田英子著 (文化出版局)

材料
布・・・ 表布 厚地木綿 36p×70p
    裏布 木綿 36p×70p
糸・・・ フランス刺繍糸(DMC 3781番)4束