2007年08月27日

濃藍木綿の合切袋

03-o.jpg  03-o inside.jpg

新作です。

手提げを作ったのだから、次は小物入れ・・・と思い、
以前に作って気に入った合切袋に少し改良を加え、おしなものに並べることにしました。

合切袋は「一切合切のものを入れる袋」という意味でこの名前が付いたそうです。

外側は伝統的な刺し子模様ですが、ふたを開けると内側からきれいな色が飛び出します。裏布と留め具をかえて、全部で4色作りました。

この袋は刺し子絢工房にて販売中です。
詳細は刺し子屋をご覧下さい。
タグ:合切袋

2007年08月21日

千代紙

先日、夫の会社で日本文化を紹介するイベントがあり、私は展示品の提供とディスプレイをお手伝いすることになりました。

origami.jpg子供さんもたくさん来るということだったので、折り紙ワークショップをするためのサンプルを少し折りました。

動物の折り紙を作るなんてじつに小学生のとき以来でしたが、とても楽しく新鮮で、改めて最初に折り方を考えた人はすごいなぁと思いました。


一緒に展示の作業をしていた方が日本の古い千代紙をたくさん取って置いてらして、「どうぞご自由に使ってください」と言って提供して下さったのですが、普通の折り紙を折るのになんて勿体なくてとても使えなくて、私はただただその美しさと可愛らしさにうっとりと見入っていました。

そうしたら、なんと!
「そんなに気に入ったのなら、よろしければ箱ごと全部差し上げます」
と仰って下さいました。

きゃー、嬉しい☆ どうしよう。

さらに、「喜ばれる方のそばで活かされるほうが折り紙も嬉しいでしょう。」
とまで仰っていただきもうやだ〜(悲しい顔)、ありがたく頂くことにしました。
これから大切に使わせていただこうと思います。


japanese paper.jpg  derection.jpg

家に帰ってから一面に広げ、改めてうっとりハートたち(複数ハート)
私は昔から民芸調のものが大好きで、これらの柄は思いっきりツボなのですわーい(嬉しい顔)
裏に貼ってある説明がまた素敵で、難しい旧漢字で‘美しく折り紙を折る方法’が書かれています。雨の日の方が綺麗に折れるなんて今まで知りませんでした。

card holder.jpg

さっそくその千代紙を使って「名刺入れ」を折ってみました。
これだけのことでも、名刺を持つのが楽しくなりましたるんるん
タグ:千代紙

2007年08月10日

綿麻上布の手提げ

02-rs.jpg  cotton

新作ができました。

とても涼しげな綿70%麻30%の上布を素材に、少し模様を変えた「一目刺し」を刺しました。

綿麻上布は非常に軽く、さらっとしていて気持ちの良い肌触り。
そして落ち着きのある、自然な色味がとても美しい布です。


02-s display(2).jpg今回は屋外で撮影をしてみたのですが、刺し子の模様は自然の中でも違和感なく、むしろ生き生きとして映りますわーい(嬉しい顔)




この手提げは刺し子絢工房にて販売中です。
他の色や模様も作りました。
詳細は刺し子屋をご覧下さい。

2007年08月06日

Simple shoes

今日はめずらしくショッピングのはなし。
なにしろ滅多に服や靴を買わないので、たまに買い物をするとすごく嬉しいんです。

久しぶりに靴を買いました。

simple-shoes(1).jpg  simple-shoes sole.jpg

購入したSimple shoesという会社の靴は、環境に負担の少ない材料を使って作られているのが特徴で、なんと100%リサイクル材や環境循環型材料で作られています。

例えば、布地にはオーガニックコットンあるいはジュート布、靴底にはペットボトルを溶かして作った材料やコルク、靴の裏にはリサイクルの廃タイヤ、接着剤まで人体に影響を与えない材料を使うというこだわりよう。

それでいてデザインもかわいくて、表地のジュート布のナチュラル感、底敷きも取り外して洗えるところなども気に入っています。実際に履いてみると、すごく軽くて履き心地もとても良い。

私が購入したCoos Toeは裸足で履くタイプのデザインなので、夏の間にどんどん履こうと思っています。

*靴の写真奥は男性用サンダルです