2009年08月26日

新生活

無事に引越しを終え、いよいよ日本での新生活が始まりました。

私達が新天地として選んだ場所、それは四方を山に囲まれた、昔の城下町の面影を色濃く残す町、岐阜県の飛騨地方に位置する高山市です。飛騨の小京都とも謳われる、とても風情のある美しい町です。

nakabashi bridge 8-25-2009.jpg  old private houses.jpg

生まれ育った場所もアメリカでの住まいも、山とはまるで縁のない地域だったので、「何処を見ても山」という景色は私にとってはとても新鮮です。大きなものにしっかりと守られているような安心感を憶えます。
今の季節は山の緑が青々としていて、空も爽やかに澄み、買い物の途中に足を止めてその景色に見惚れることもしばしば・・・。

景色だけでなく、この地で暮らす人々の生活の様子にも驚き、感心することが多いです。
今はまだ不慣れで分からないことばかりですが、少しずつこの土地にも馴染んでいきたいと思っています。

view from Denver park.jpg

2009年08月05日

こぎん刺しのブックカバー

kogin book cover (1).jpg

製作中のあるものとはブックカバーでした。
いつでもどこでも文庫本を持ち歩いている母からの頼まれものです。

ひとつ作って慣れてきたところで、もう一つ色違いで作りました。
二つ目を作る時は、同じ模様だったこともあり、一つ目よりもずっと短時間で楽に刺すことができました。写真を見ても、初めて刺した方(オレンジ糸の方)は糸こきがうまくできておらず布が少し寄っていますねふらふら 
刺し子でもこぎん刺しでも、やはりいくらか糸に余裕を持たせてふっくらと刺していった方が、刺繍部分がやわらかくなっていい感じに仕上がるようです。


今回もう一つ初挑戦したものが、「結び」。
初めてなので簡単なものを作り、しおりとしました。
ちなみにこの結び方は「吉祥結び」というそうです。延命長寿を意味するおめでたい結びです。

参考にしたのはこちらの本。
結びをあしらった美しい色使いの小物がいっぱいで、見ているだけで夢心地になれますかわいい

musubi book.jpg

結びでつくる きもの小物