2009年10月22日

流し紗綾形のテーブルセンター

久しぶりの刺し子作品のアップです。

オーダーメイドのご注文をいただいたテーブルセンター。
布やサイズ・大まかなデザインの指定はありましたが、刺し子部分についてはお任せということだったので、以前から気になっていた紗綾形模様を刺すことにしました。
少し角度をつけた「流し紗綾形」です。

Sayagata table runner(3).jpg

この紗綾形模様、16世紀後半に明から輸入された「紗綾」という絹織物にこの文様が用いられていたことからこう呼ばれるようになったそうです。それ以降、綸子などの地紋にはほとんどこの紗綾形が使われるようになりました。

以前にこちらで紹介したイギリス人の刺し子作家、Susan Briscoeさんの著書(The Ultimate Sashiko Sourcebook)の中に、紗綾形についての面白い指摘がありました。
「紗綾形はシルクロードを通じて古代ギリシャから中国に伝わった。確かに紗綾形は多くのGreek key patterns(ギリシャの鍵の雷門模様)に似ている。」(90頁より)

紗綾形の模様から優雅さと品格を感じるのは、どこか古代ギリシャの雰囲気を残しているためなのかもしれません。


今回はそんな紗綾形の歴史に想いを馳せながらデザインを考えました。
紗綾織の絹織物をイメージして糸は光沢のあるものを選び、両端には菊刺しを施して房を付けました。

Sayagata table runner(1).jpg

納品を終えて、お客様の感想をいただくまでは、毎回ドキドキです。

2009年10月14日

秋の高山祭

日本三大美祭の一つと称させる高山祭。私も見るのは今年が初めてなので、とても楽しみにしていました。

夫の仕事が終わるのを待ち、さっそく二人で日が暮れてから行われる「宵祭」に繰り出しました。
向かうは桜山八幡宮の表参道。そこから提灯を灯した10基の屋台が順番に出発し、ゆっくりと町を一巡します。

Takayama festival (autumn)-1.jpg

屋台内部では、童子達による笛と太鼓の屋台囃子が奏でられ、その屋台を曳く氏子たちも、それぞれの組ごとに意匠を凝らした装束を纏い、さながら絵巻物のようでした。

なかでも、烏帽子に直衣という、お公家様装束の「大八台」にはうっとりとしてしまいました〜ぴかぴか(新しい)
その浮世離れした出で立ちに、ほろ酔いだったこともあって私はすっかり夢心地に・・・。

Takayama festival (autumn)-2.jpg

今まで、東京下町の威勢のよい、賑やかなお祭りばかり見てきたので、このように静かで幽玄なお祭りは初めてでした。

「雅」という言葉が本当にぴったりとくる、そんなお祭りでした。

2009年10月07日

きのこ狩り

ひょんなことから地元のきのこ採り名人の方と知り合いになり、ずうずうしくもさっそくキノコ狩りにお供させていただきました。
軽自動車に道具を積み込み、高山の市街地を抜け山の間を走ること30分。さらに未舗装のガタガタ山道を大きく揺られながら登っていきます。
着いたところは、しんと静まり返った広葉樹林の森の中。いまだ開発の手が入っていない、昔のままの自然の森です。

mushroom hunting -1.jpg

森に入る前に、まずは爆竹を鳴らします。熊などの動物を追い払うためです。
静かな山中に響き渡る爆竹の音は狩りを始める前の儀式のようでもあり、いざ!と身が引き締まります。
この他にも名人は腰に熊避けの鈴を付け、チリンチリンと音を出しながら森の中を歩いていきます。
きのこ探しに夢中になるあまり、気付くと周りに誰も見えなくなって焦ることが何度かありましたが、その鈴の音のおかげで迷子にならずに済みましたあせあせ(飛び散る汗)

私にとっては初めてのきのこ狩り。山の斜面を這い降りたりよじ登ったり、もう付いて行くだけで必死でした。普段の運動不足がたたって2時間もするとヘトヘトになってきましたが、きのこを見つけた瞬間はそれはもう嬉しくて、疲れが一瞬で吹っ飛んで思わず走り寄ってしまいます。

下の写真は、落ち葉の間から顔を出すホンシメジ。
この可愛らしい姿を見たら、疲れが吹っ飛んでしまうというのもお分かりいただけると思いますわーい(嬉しい顔)

mushroom hunting -2.jpg

午前中の3時間で、たくさん収穫がありました。
それも全て食用きのこの王様、ホンシメジですぴかぴか(新しい)
きのこ名人の方も、「一日でこれだけの量のホンシメジを採ったのは初めてだ!」と驚いていました。
そんな日にご一緒できた私は本当にラッキーでした。「初めてにしてはきのこを見つけるのが上手!」と褒めていただきましたが、おそらくビギナーズラックのようなものだったのでしょう。

mushroom hunting -3.jpg


「香り松茸、味しめじ」と言われているだけあって、天然本しめじの味は本当に格別でした!
まずはソテーにしてしめじの食感と香りを存分に味わい、残りはリゾットに入れていただきました。
香りが強くいいだしも出るので、どんなふうに調理しても美味しいものができます♪

念願だったきのこ狩り。
自然の恵みに大いに感謝!の一日でした。