2009年11月24日

柿渋布の暖簾

病気の猫がいるため長時間家を空けることができないというのもありますが、このところ高山も急に寒くなってきて、寒さが苦手な私はおのずと出不精になってしまいます。
いよいよ冬の到来、本格的な刺し子の季節がやって来ましたね。

さて、オーダーメイドでお作りした暖簾が仕上がりました。
布には、非常に手触りの好い木綿の柿渋布を使いました。
図柄のモチーフはお月さま。でも、光り輝く満月というよりは、ほのかにかすんだ「朧月」をイメージして作りました。

kakisibu noren(1).jpg

今回は線刺しのみで刺していったのですが、左右の布を揃えた時に刺し子の間隔がぴったりと合うようにするのが意外にも難しい! シンプルな線刺しゆえに、少しでもずれると目立つのです・・・。
さらに、一重の暖簾だと両側から縫い目が見えることになりますので、裏側も糸を渡さず、一列ずつ糸端の処理をしていかねばなりません。
そんなこんなで、シンプルな見た目の割には結構時間がかかってしまいました・・・。

kakisibu noren(2).jpg

新しい作品を作るたびに色々と気が付くことがあり、毎回本当に勉強になります。



-----------------------------------------------------------------------------------
追記(11月25日)

昨日の夜、飼っていた猫がとうとう逝ってしまいました。
ちょうど寝る前の時間だったので、夫と二人で最期を看取ることができました。
ケンタッキー州の動物シェルターで出会い、以後4年間一緒に過ごしました。日本に来てからの3週間はほぼ寝たきりの状態でしたが、最後の時間をゆっくりと一緒に過ごすことが出来て本当によかったと思っています。

温かいコメントをお寄せ下さった皆さま、ありがとうございました。

2009年11月12日

猫のこと

今月のはじめ、アメリカで飼っていた猫が成田に到着しました。
夏季の間は動物は飛行機に乗れないため、しばらくの間親戚の家で預かってもらい、私達夫婦だけ先に日本へ引越して来ていたのでした。

その猫が、成田から高山への移動中、手から大量の出血。救急で動物病院に連れて行くと、外傷ではなく、肉球にできていた腫瘍からの出血ということ。
さらに検査をしていくと、進行癌の末期で、もう体中に広がっているので治療は不可能ということでした。

今は自宅でゆっくりと過ごしています。
昨日からごはんもまったく受けつけなくなったので、おそらくもう長くはないでしょう。やっと日本で皆で一緒に暮らせる、ととても楽しみにしていたので、残念で悲しくて仕方ありませんが、きっと最後に私達に会うまで頑張ってくれていたのだろうと思うと、ありがとう、という気持ちで一杯です。
今はもう歩けませんが、撫でるとゴロゴロと嬉しそうな声を出してくれます。

本日は悲しいお知らせで申し訳ありません。
しばらくブログの更新が出来ないかもしれないこと、お許しください。