2012年02月29日

金柑の砂糖漬け

2月最後の日。今年はうるう年なんですね。

昨年末から毎日のように降っていた雪もやっと解けてきて、いよいよ春だなぁと思っていた矢先、朝起きてみるとまた一面の白い世界に・・・。
おそらくもう今期最後の積雪なので、今日はおおいに雪景色を楽しみたいと思います♪

kites.jpg
木にとまっている鳥はトンビ。


1月に作った金柑の砂糖漬けが今期は大活躍してくれました。
ちょっと喉がおかしいと感じたときにすぐに金柑を食べると、喉のいがいがが取れてすっきりとします。
そのまま食べたり、お湯で割ったり、紅茶に入れても美味しい。

金柑をその半量の砂糖で煮詰め、その後網に並べて1週間ほど乾燥させました。好みの硬さになったらお砂糖をまぶして完成。
今年のはちょっと柔らかめになってしまいましたふらふら

kinkan(1).jpg

まだしばらくは金柑の出回る季節。砂糖漬けにすれば長く保存できますし、風邪の時にとても重宝するのでおすすめですわーい(嬉しい顔)

kinkan(2).jpg

2012年02月04日

立春

今日は立春ですね。
私は一月のお正月よりも、この立春の日の方が、新しい年の始まりとしてよりすんなりと心身に入ってきて、シャキッと気持ちが新たになりますわーい(嬉しい顔)

昨日までに部屋の整頓ややりかけだった仕事を済ませ、今日は朝一番で家族で氏神様へお参りに行きました。

Hida-sousha.jpg

昨年は娘が生まれたり、震災が起きたりと、大きな出来事が色々とありました。いまこうして家族が揃って元気で過ごせていることを本当に有難く思います。


立春が過ぎると少しずつ寒さが緩み始め、春の気配が忍び入ってくるといわれます。
まだまだ寒い高山ですが(今朝の気温は−7℃。神社の手水舎の水も凍っていましたがく〜(落胆した顔))、最近確実に日が長くなっていることが感じられて嬉しいです♪

この一年も、どうか楽しく健やかに過ごせますように・・・。

2012-02.JPG

2012年02月01日

雑穀のお餅・続編

先日ご紹介した高山の野村農園さんの雑穀のお餅が、昨日の毎日新聞の朝刊に掲載されました!

毎日jpというウェブ版新聞でパソコンでも見られます。掲載記事


実は昨年の末頃から、こちらの農園でお手伝いをさせてもらっています。
記事に書いてあるとおり、薪焚きのかまどで餅米を蒸すところから始まって、ついたお餅をのばす、切る、パック詰めまですべて手作業。ご夫婦のお二人で、とても丁寧な仕事をしておられます。間近で見させていただいているので間違いありませんわーい(嬉しい顔)

kamado.jpg

今回のお餅の受け付けは2月10日から。順次作りたてを送っていかれるそうです。
私も発送のお手伝いを頑張ります!手(グー)