2013年03月26日

いよいよ

実は現在第二子を妊娠中で、今週からいよいよ臨月に入りました!

前回の妊娠中に経験した様々なマイナートラブル(腰痛やこむら返り等々・・・)も今回は幸いにしてほとんどなく、また二回目ということで「未知なる体験」的な不安も感じず、比較的穏やかな妊婦生活を送ることができました・・・が、いざ臨月に入ると、さすがに緊張してきましたあせあせ(飛び散る汗)

と同時に、今の親子3人の生活もあとちょっとなんだな〜と思うと、ゆっくりとお風呂に入る一人の時間、娘と過ごす二人の時間、夫も含めた三人の時間、どれもとても貴重で、大切な時間に感じています。いつ来るか分からない陣痛にびびりつつも、毎日を大切に、「その時」を迎えたいと思いますわーい(嬉しい顔)


そんな折、知り合いの方から「これで滋養をつけて!」と猪肉を頂きました。
山に囲まれた高山でも、猟師の知り合いでもいない限り個人で入手するのはなかなか難しく、たいへん貴重なお肉です。
さっそく牡丹鍋を作って、美味しく頂きました♪

boar.jpg

2013年03月21日

ソックモンキー

去年は3月になっても毎日雪ばかり降っていましたが、今年は連日ぽかぽかの陽気♪ 嬉しくて、最近はお弁当を持ってピクニックばかりしています。

Hodaka Mountains.jpg
公園から望む穂高連峰


さて、今週は以前から気になっていたソックモンキーを作っていました。 
ソックモンキーとは、約100年前にアメリカで生まれた、靴下を使って作るお猿さんのぬいぐるみです。

 ソックモンキー協会
(ソックモンキーの歴史や作り方などが紹介されています。)


本来は労働者用のかかとの赤い丈夫な靴下で作るもののようなのですが、私は家にた〜くさんある、夫の履き古しの靴下を使いました。多くはかかとや足の裏に穴が開いてしまったものなのですが、「繕えばまだまだ履けるよ〜。」と夫が言い張るので捨てることも出来ず、処分に困っていました・・・。

old socks.jpg

そこでソックモンキー♪ これでなんとか靴下二足は減らせましたわーい(嬉しい顔) せっかくなので、詰めるコットンも不要になった古い座布団の中綿を使用。徹底して材料は家にあるものをリサイクルして作りました。毎日少しづつ制作して、かかった時間は合計3時間程。ぬいぐるみを作るのは初めてでしたが、結構簡単に出来てしまうものなんですね。

sock monkey.jpg

被っている帽子はアメリカのお義母さんが編んでくれたもの。「ソックモンキーを作るので帽子を編んで欲しい!」と言ったら、喜んで作ってくれました。

週末に娘にプレゼントする予定です。果たして気に入ってくれるか、今からドキドキです・・・。

2013年03月04日

春の足音

3月に入り、飛騨地方もやっと少し暖かくなってきました。
屋根や庭にはまだ雪が残るものの、あちらこちらに春の足音が♪

昨日はカモシカの親子が、今年初めて裏庭に姿を見せてくれました。
半年ぶりに見る子カモシカは体がすごく大きくなっていて、ふわふわの暖かそうな毛に包まれていました。
冬の間はどうしているのかな〜と思っていたので、再び元気そうな親子の姿が見られて安心しました。

kamosika(Mar).jpg

初めてカモシカを見た2歳の娘も、「カモシカ可愛い〜。」と言ってニコニコしながらずっと見ていました。


森を流れる小川にも、春の足音。
葉わさびの幼い葉が生えてきていました♪

wasabi-na.jpg

今年もまた山菜の季節がやって来ましたよ!


春を迎えて、個人的には毎朝の雪かきから解放されるのが一番嬉しいですわーい(嬉しい顔)