2013年08月16日

有道杓子

毎年夏に高山陣屋前で行われている夜市に行ってきました。
今年のお目当ては、そこで実演販売されている、高山の郷土工芸品である「有道杓子(うとうしゃくし)」。
江戸時代から高山市久々野町の有道地区に伝わる木製の杓子で、1本の朴の木(ほうのき)から削り出すため繋ぎ目がなく、たいへんに素朴で丈夫なものです。

一年前に大きいサイズを購入し使ってみたところ、これがたいそう使い易い! 鉄や琺瑯の鍋を傷めませんし、豆腐なども滑らず、崩れることもありません。
木製のへらは色々と種類があるのですが、杓子となるとなかなかいいものが見つからなかったので、この有道杓子は非常に重宝していて、今や我が家の必需品です。

utou-shakushi(1).jpg   utou-shakushi(2).jpg

実用面だけでなく、形も非常に素朴で素敵です。後姿も美しい。

かの白洲正子氏も著書「日月抄」の中で、「杓子の中の王者である。」と讃えているとおり、私も実はこの杓子、知る人とぞ知る隠れた名品なのでは!?と思っています。


有道しゃくし保存会のサイトより:

「有道しゃくしの大きな特徴は、継ぎ目のない一本の材料で作るため丈夫であること。またすくう部分に波上の・彫り・を残すため、煮物などをすくったとき、滑ることなく器に盛ることができること。そして木の柔らかさにより、混ぜる際に具を崩さず、鍋やフライパンを傷つけることなく調理ができるなど、いろいろ気配りの効く生活用具である。」

2013年08月10日

近況

このところ、全国的に猛烈な暑さが続いていますね。
高山も暑いです。盆地のためか風がまったくないのがツライ・・・。
どうぞ皆さま夏バテには気を付けてお過ごしください。

さて、あっという間に次女の出産から3ヶ月が経ち、無事に元気で生後100日目を迎えることができました。
生活のリズムもなんとか出来てきたところで、やはり少しでも手を動かしたくなって縫い物も再開しました。こどもの服に刺繍を入れたり、繕い物をしたり・・・。娘たちが寝たあとの本当にほんのちょっとの時間なのですが、やはり針を持つと自然と心が落ち着いて、リラックスできますわーい(嬉しい顔)


育児と家事に追われてなかなか自分のしたいことにまで手が回らないのですが、梅干しだけはなんとか漬けました。
長女にいたずらされそうだったので、今年は屋根の上で土用干し。

ume-boshi(2013).JPG


それと、次女が生まれた記念に久しぶりに家族写真を撮りました。
知り合いの写真家のプライベートスタジオで撮っていただいたのですが、まるでファッション写真のように動きながらパシャパシャと連続してシャッターを切っていく撮り方だったので、とてもくつろいだ雰囲気の中でたくさん楽しい写真が撮れました♪

その中の一枚。長女がイスで遊んでいるところ。
0172(sized).jpg