2013年10月26日

りんごのデザート

いよいよ秋らしくなってきましたね。
先日は家族で隣町にある果樹園にりんご狩りに行ってきました。
丘陵地に拡がるたくさんの種類のりんごの中でひときわ私達の目を引いたのは、深紅色に光る大きくて立派な品種、「秋映」。
ちょうど今頃が収穫期らしく、たわわに実ったりんごの重さで木の枝も折れそうでした。

Akibae.jpg  Akibae apple.jpg

試食をさせていただくと、香りが強く、果汁がたっぷり!甘味の中にもきちんと酸味があって、果肉もしっかりとした歯ごたえのあるりんごでした。
「こうゆうタイプのりんごは煮たら美味しいかも・・・。」ということで、帰宅後さっそくお義母さんと一緒にアメリカのりんごのお菓子「Apple Crisp」を作りました。

薄くスライスしたりんごを耐熱皿に並べて、バター・薄力粉・ブラウンシュガー・シナモンを混ぜたものを上にのせてオーブンで40分程焼きます。お好みでナッツをのせても美味しい。

Apple Crisp.jpg

とっても素朴で家庭的なデザートで、なんとも懐かしい気持ちになる味です。
冷やして頂いても美味しいのですが、焼きたての熱々のりんごの上に冷たいバニラアイスクリームをのせて頂くのがアメリカ流。

切って混ぜて焼くだけ!の簡単ベーキングなので、すでに何回も作って友人にお裾分けしたりして、たくさんあったりんごがもうなくなってしまいました。
我が家の秋の定番デザートになりそうです♪

2013年10月16日

ウォールナットのカッティングボード

このところ急に涼しくなりましたね。
秋祭りが終わると、高山ではもう冬の準備。我が家でも週末に暖房器具の用意をしました。

今年は春から本当にたくさんピクニックをしました。季節的にもういよいよ出来なくなるかな〜と思い、先週末は木工の勉強のためご夫婦で高山に移住された友人家族を誘って、お気に入りの公園で今年最後のピクニックを楽しみました。

park.jpg
公園の売店:自分も子供の頃に遊んでいた懐かしいおもちゃがたくさん!


一通り食べ終わって、子供たちが遊ぶのを見ながらまったりとしていると、友人からとっても素敵な手作りのカッティングボードを差し出されました。
色といい、形といい、ちょうど欲しいと思っていたイメージにぴったりで、本当に素敵ぴかぴか(新しい) 「端材でちょちょと作っただけだから・・・。」と言っていたけれど、オイルもきちんと塗ってくれていて、とっても綺麗で感激ですもうやだ〜(悲しい顔)

cutting board.jpg

パンはもちろん、ちょこっとお菓子をのせたり、チーズを並べたり、いろんなふうに使えそう。ピクニックにもちょうどいいサイズです♪
またひとつ、宝物が増えました。Fさん、本当にどうもありがとう〜わーい(嬉しい顔)
大切にします。

2013年10月12日

祭り中止の夜

今年の秋の高山祭の初日は、台風の影響で祭り屋台の曳きそろえ等ほとんどの行事が中止となりました。夕方には雨は止んだものの、道路が濡れているため楽しみにしていた宵祭も中止にもうやだ〜(悲しい顔)
あ義母さんが秋祭りの時期に滞在するのは今回で2回目なのですが、その2回とも雨で宵祭が中止となり未だ見られず。「私が雨を呼んじゃうのかしら・・・。」と冗談を言いながらもとても残念そうでした。

そこで、軽く夕食を済ませた後、散歩がてら屋台蔵を見に行くことに。
すると、屋台蔵の前で宴会を開いている町会があったり、動かせないながらも一時提灯を付けて蔵から出している町会があったり、祭壇が美しく飾られていたり、商店の窓にも祭りを祝う素敵なディスプレイがされていたり・・・。(獅子舞が篠笛を咥えているのがとっても可愛い♪)

2013 fall festival-2.JPG

2013 fall festival-1.JPG  2013 fall festival-3.JPG

皆さんの祭りを惜しむ気持ちが夜の湿った空気の中でしみじみと感じられました。帰り道に皆でお酒を少しいただいて、なぜかちょっと爽やかな気持ちで家路についたのでした。

2013年10月05日

帽子繕い

およそ2年半前に弟に頼まれて刺繍を入れたハンチングの帽子。(そのときの記事はこちら

気に入ってよく被ってくれていたのは嬉しいのですが、帽子に穴が開いてしまったようで、このたびその修理を頼まれました。

hat darning-1.JPG

さて、どのように直せばいいものか。
パッチを充てたら目立ちすぎるし、麻糸を元のように粗い布目で編んでいってもまた同じように穴が開いてしまうだろうし・・・。

なにかいい方法はないかと我が家に滞在中のお義母さんに相談したところ、「ダーニングがいいんじゃないかしら?」ということで、私に代わって直していただきました!

hat darning-2.JPG

どうでしょう・・・。
麻糸は家にあったクラフト紐をほどいて使ったのであせあせ(飛び散る汗)若干色の違いがあるものの、これでなんとかいけるのではないでしょうか。だいぶ丈夫にしておいたし。
というか、もうこれ以上は難しいのでこれにて勘弁してもらいますわーい(嬉しい顔)


ダーニング (darning) 
 ウール製品の穴などにかがりを入れて補修する技法。