2014年11月29日

鳥の餌台

せっかくの週末だというのに、今日は朝から生憎の雨雨

そこで思い立って、鳥が好きな長女のために、庭に設置する餌台を作ることにしました。ざっと大まかな図面を描いて、あとは家にある端材を利用してどうにかイメージに近い餌台が出来ました。

bird feeder(1).JPG


さっそく庭のもみじの木に設置して、小さな林檎を置いてみました。
この手のひらサイズの可愛い林檎、いわゆる「姫りんご」だと思うのですが、朝市では「乙女りんご」という名で売られていましたかわいい

bird feeder(2).JPG   bird feeder(3).JPG

小鳥さん、来てくれるといいね♪

2014年11月11日

飛騨の素材のレシピ・ポストカード集 第3集

前記事でご紹介したイラストレーター・西田さんの「飛騨の素材のレシピ・ポストカード集」に新たに第3集が加わりましたのでご紹介します。
第3集は、「一斗芋」「飛騨のりんご」「うるい」「小茄子」「茗荷茸」です。

vol3.jpg

今回もまた英訳の作業で関わらせて頂いたのですが、私もまだ食べたことのないマイナー野菜もあって、今度作ってみよう〜と思いながらの楽しい翻訳作業でしたわーい(嬉しい顔)
これらの中でりんごは一般的なのでは?と思われるかもしれませんが、私が感じるに、飛騨のりんごは特別です! 内陸性盆地型気候という昼間と夜の気温差が激しい飛騨地方。一日のうちで15℃以上の気温差がある日も珍しくありません。そんな気候が、この地方の野菜や果物の味をぎゅっと甘く濃くしてくれるのです。

りんごが大好きな夫も、「飛騨のりんごは今まで食べたりんごの中で一番美味しい!」と言って、毎年旬の時期に大量に購入して毎日モシャモシャと丸かじりしています。それを見て育った娘たちも毎日丸ごとをモシャモシャ。りんごはそうやって食べるものと思っていて、細く切って皮を剥いたものは食べようとしませんあせあせ(飛び散る汗) 私はというと、皮付きのままそんなにたくさんは食べられないので、他の野菜と絞ってジュースにしたり、「Apple Crisp」というりんごの焼き菓子にして食べています。

今回の「飛騨のりんご」のレシピは、我が家のそのApple Crispのレシピを採用していただいています。イラストにもあるように、アツアツのりんごの上にバニラアイスをのせて食べるのがおすすめです!

2014年11月03日

イラスト2人展

週末に、高山在住の女性イラストレーター2人による「飛騨を描いてみたんやさ〜イラスト2人展」を見に行ってきました。
会場は、飛騨高山の集落博物館「飛騨の里」。私にとっては市内にある施設の中で一番に好きな場所で、幾度となく家族で訪れている博物館です♪
当日は雨で少し霧がかかっていましたが、このところの寒さで紅葉が一気に進んでいて、相変わらずの美しい景観を呈していましたかわいい

hida no sato -2.JPG


展示会は大きな古民家の広いお部屋を贅沢に使ったディスプレイで、古い木材の質感とお二人の温かみのある手描きのイラストがよく調和していました。

今回の西田さんの展示では、以前にご紹介した「飛騨の素材のレシピ・ポストカード集」の新たなレシピがお披露目されていました。
その新しいレシピの内容については、また改めて別の記事でご紹介したいと思います。

そしてもうひとかたのイラストレーター・大森さんの描く、飛騨弁のある風景のイラストがとてもよかったです。可愛くって、可笑しくって、そして大変ためになるわーい(嬉しい顔) 私のような飛騨弁ビギナーにとっては、日常をそのまま切り取ったような遣り取りをイラストで解説して頂けるのは大変分かり易くてありがたいです!
このたび、それらのイラストをまとめた飛騨弁の本「ひだのしゃべりことば」を出版されるということなので、是非とも購入して更なる飛騨弁の理解に役立てたいと思います。

futari ten -2.JPG  futari ten -1.JPG