2015年07月30日

川遊び

連日暑い日が続いていますね〜。
先日は友人に誘われて、涼をとりに谷川へ行ってきました。

river(1).JPG

案内されて行ったところは、車で30分程の飛騨川の支流。
透明度が高くて、とてもきれいな川でした。深さのあるところがエメラルドグリーン色に輝いていて、「なんでお水が緑色なの〜?」と長女はそれが不思議なようでしたわーい(嬉しい顔)

river(2).JPG

水があまりに冷たくて、夫は泳ぐのを断念。足を入れるだけでスーッと汗がひいて、浅瀬で遊ぶだけでもとても楽しめました♪

2015年07月13日

ブルーベリー摘み

いよいよ夏ですね〜晴れ 強烈な陽射しが照りつける中、週末はブルーベリー摘みに出掛けてきました。
私と娘たちにとっては初めてのブルーベリー摘み!娘たちは前日からとても楽しみにしていました。

今回訪れた農園は、市内にあるゴールデンベリーズさん。

blueberry picking-1.JPG

およそ20種類のブルーベリーに加えて、ブラックベリーやグースベリー等も栽培されています。農園の方から種類や摘み方などを丁寧に教えていただいたのち、さっそく摘み取り開始!娘たちは真剣そのものの表情で、半分カゴへ、半分口へと運びながら、せっせと摘んでいました。

blueberry picking-2.JPG  blueberry picking-3.JPG

夫が育った北米では、ベリー摘みはもっぱら子供の仕事だったそうです。なるほど、低い背丈と小さな手はベリー摘みにぴったり!実際、2歳の次女が一番たくさん摘んでいました。

blueberry picking-4.jpg

今まではお店で買ったことしかなかったので、ブルーベリーといえば小粒で酸味が強いというイメージがあったのですが、今回初めて完熟した摘みたてのブルーベリーを食してみて、イメージがガラリと変わりました。とっても大粒で、ジューシーで、甘い! 酸味が全くありません。これならいくらでも食べられますわーい(嬉しい顔)

当日はヨーグルトにのせたり、サラダに入れたりして、次の日は朝食にブルーベリーパンケーキを焼いて、美味しくいただきました♪

2015年07月11日

飛騨照見窯 器展

「その方に喜んで使っていただけるのならば、たったひとつの注文だとしても、丹精込めて創らせていただきます」とおっしゃる飛騨照見窯の陶工、長倉さん。5年前に独立して窯を開いて以来、常に使い手の声を聞きながら、日用品としての器作りを続けておられます。

この度5周年の節目として個展を開かれることとなり、その展示で絢工房の作品も使っていただくことになりました。
現在、器を並べるためのマットやランナーを多数制作中です。器の魅力を引き立たせる役割を担う敷物類。そのお役に立つことができるよう頑張ります!

tenjikai.jpg

『飛騨照見窯 あなたに寄り添う器展』
7/18(土)〜7/23(木)
10:00〜17:00(最終日のみ16:00まで)
高山市上一之町26
Gallery&Cafe 遊朴館



utuwa.jpg

上の写真は、一昨年に夫の両親が来日した際にオーダーメイドで作っていただいた器です。
「この模様で、この大きさで、これくらいの深さで・・・」と次々と希望を伝えるお義父さんの注文を、笑顔で快く引き受けてくださいました。長倉さんのお人柄同様、とても温か味のある器です。両親ともにとても気に入って、今でも日常的に使っているそうですわーい(嬉しい顔)