2008年08月23日

夏のキルト

義母が作ってくれた春夏秋冬キルトの中で、私が最も気に入っているのがこの「夏のキルト」です。

summer quilt-1.jpg


夏のキルトといっても特に薄地なわけではないのですが、白地の布が涼しげなのでそういうことにしていますわーい(嬉しい顔) この辺りは夏でも朝晩は冷えるので、肌かけの上にこのキルトを掛けると丁度良いです。


このキルトが好きな理由は、なんといってもキルティング(表布・芯・裏布の3枚の布を一緒に重ねて、装飾的な模様を描きながら刺し縫いすること)が全て手縫いでしてあること!

服でも小物でもそうですが、手縫いのものはミシンで縫ったものと比べると、断然柔らかさが違います。縫うときに程よく空気を含み、釣り合いなども自然とバランスが取れるからでしょうか。

そのキルティングの縫い目のところをよ〜く見ると、それぞれの模様の表布に合わせて糸色を細かく使い分けてあるんです。その丁寧な仕事ぶりに感心してしまいます。

summer quilt(detail)-1.jpg  summer quilt(detail)-2.jpg


現代のキルティングは大型ミシンで行うのが主流になっていて、手縫いで仕上げる人はとても少ないようです。とても大きくて一人でこの作業を行うのは大変なので、昔はキルティングをする時だけは他の人の助けを借りて、皆でキルトを囲んで刺していたそうです。

quilting table.jpg


でも正直なところ、このキルトで一番気に入っているところは、実は裏側なんです。
目立たないようにと表布の色に合わせた糸が、裏側では逆にカラフルに映っていてとっても可愛い!  縫い目だけがくっきりと浮き上がった様子も、手縫いの縫い目が好きな私にはかえってとても魅力的です♪

summer quilt(backsidel).jpg


それにしても、これだけの大きいものを次々と作ってしまう義母にはまったく脱帽します。働きながら、しかも手縫いで!
彼女だけ一日26時間くらいあるのでは・・・とつい思ってしまうほど、本当にいつ縫い物をしているのか不思議でなりません。是非ともいつかその秘訣を訊いてみたいです・・・。

この記事へのコメント
はじめまして。(*^^*)

美しく清々しいキルトですね。
手作りの物は手に触れた時に柔らかくて、
何ともいえない暖か味が伝わってきますね。
優しいお義母さまに巡り会えてお幸せですね。
Posted by 歩夢 at 2008年09月24日 03:38
かわいい歩夢さま

はじめまして。
温かいコメント、ありがとうございます。

手作りのものは本当にいいですよね。
作った人の気持ちが直接伝わってくるようで、こちらまで暖かい気持ちにさせてくれます(^-^)

義母はとても穏やかで優しい方で大好きです☆
彼女の作るキルトには、その人柄がよく出ていると思います。

お互い好きなものが似ているので、いつも縫い物や布の話で盛り上がっています♪
Posted by 刺し子市場 at 2008年09月24日 10:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。