2008年09月02日

真田紐の巾着袋

08-pm.jpg

美しさと強さを併せ持つ、キリリとした風合の真田紐。

現代では主に茶道具の桐箱の結び紐として、古くは刀の下げ緒や鎧兜着用時の紐として使用されていました。

その真田紐の風格に見合うような、かっちりとした凛々しい刺し子の袋を作ってみたい・・・という気持ちから生まれた巾着です。
刺し子の細やかさと真田紐の強さが調和した袋を目指しました。


この袋は刺し子絢工房にて販売中です。
詳細は刺し子屋をご覧下さい。


-------------------------------------------------------------------------------------

今回この紐を注文した織元すみやさんより、見本帳を送っていただきました。
あまりに素敵で思いきり私好みの色合いに、開くたびにドキドキしてしまいます。美しいです。本当に見る度に溜め息が出ます。
(写真は「加賀錦」のもの)

sanada cord.jpg
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。