2008年09月24日

そば殻枕

アメリカに居てもある程度は日本のものが手に入りますが、こだわりの生活用品などはまだまだ入手が難しいものもあります。

日本ではお馴染みの「そば殻枕」も、そういうものの一つです。
夫からの要望をきっかけに、なければ自分で作ってしまおう!手(グー)という訳で早速作ってみました。


Buckwheat Hull Pillow ingredients.jpg
材料(1個分)

布(布目のつまったもの) 50×80cm
ファスナー 1本
そば殻  約1.5kg




1、そば殻を入れる袋を作る。

Buckwheat Hull Pillow(1).jpg

その際、そば殻の粉が出ないよう目のつまった布を使い、そば殻の出し入れのためのファスナーを付けます。


2、そば殻を入れていく。

Buckwheat Hull Pillow(2).jpg

1kgくらい入れたら、後はお好みに合わせて微調整しながら入れていきます。


3、好きなカバーを付けて出来上がり。

Buckwheat Hull Pillow(3).jpg



肝心のそば殻はこちらのお店で注文しました。
「出来上がっている枕を買えばよいのでは?」と思われるかもしれませんが、そば殻自体を購入することによって次のような利点もあります。

・割安!
・自分の好きな布で作れる
・自分の好みの硬さにできる
・使用するにつれて嵩が減ってきた時に補充ができる
・定期的にそば殻の取り替えができる

などでしょうか・・・。
とは言いつつ、私の場合単純に自分で作ってみたかっただけかもしれません・・・あせあせ(飛び散る汗)


夏の暑いときには湿気を吸い取ってくれ、冬の乾燥している時には空気中に水分を放出してくれる「そば殻」。ほどよく硬さもあって、しっかりと首を支えてくれるところも気に入っています。
今年の夏はこの枕で、頭部もなんとなくヒンヤリとして気持ちよく眠れましたわーい(嬉しい顔)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。