2008年10月24日

銀杏採り

ある日、いつもと違う道を散歩していたら、遠くからなんとも懐かしい異臭が漂ってきました。「この匂いはもしや・・・」と近づいていくと、やはり正体は銀杏でした〜。

ginkgo nut(1).jpg

さっそく手袋と袋を携えて出直し、夫と二人でせっせと銀杏拾い。
拾っているそばから実がボトボトと落ちてきて、すぐにバケツ一杯ほどの量が集まりました。

ginkgo nut(3).jpg

さて、大変なのはここからです。
アパート住まいで外に水道がないので、台所のシンクで下処理。
ひたすら果肉をつぶし、銀杏をきれいに洗い出すこと小1時間。
終始猛烈な臭いに囲まれながらも、食べたい一心で頑張りました〜ふらふら

乾燥させて、きれいになったのがこちら。

ginkgo nut(4).jpg

アメリカには銀杏を食べる習慣がないそうで、たくさん落ちている実はまさに独り占め状態わーい(嬉しい顔)
煎り銀杏を初めて食べた夫は、その滋味な味をいたく気に入ったようで「また採りに行こうよ♪」と嬉しそう。
なのであの臭いに懲りずに、また採りに行く予定でするんるん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。