2008年11月26日

渦巻き模様のすきや袋

10-wr.jpg  10-wr detail(5).jpg

茶の湯の小物を入れる数奇屋袋を簡略にした《すきや袋》
小幅の布をたたんで、装飾を兼ねた「亀甲かがり」でかがり合わせました。
あえて留め具を付けず、入れる物の大きさに合わせてすっきりと畳めるようになっています。

有機性や持続性といった自然に対するイメージを連想させる「渦巻き文様」は、個人的にすごく好きな模様です。

my sukiya bag.jpg

上の写真は、4年ほど使っている自分用のものです。
普段はパスポートやクレジットカードなどの大事なものをまとめて入れておくのに使っていて、旅行に行くときはそのまま持っていきます。いつもぱんぱんに詰め込んで扱き使っていますが、帆布のためか思いのほか丈夫でまだどこも痛んでいません。
自分用のものには裏地は付けなかったのですが、やはり裏地が付いていた方が美しく、さらに丈夫になると思います。


この袋は刺し子絢工房にて販売中です。
詳細は刺し子屋をご覧下さい。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。