2009年02月21日

種取り

昨年の大ヒットだったトマト(Green Zebra)を今年は自分で育ててみようと思い、ファーマーズマーケットでトマトを専門に出している農家の方から種を送っていただきました。

ほんとうは昨年のうちにいくつか採種しておけばよかったのですが、あまりに美味しくて何も考えずに全部食べてしまったのです。

seeds.jpg
本日届いた種。
注文した種は1種類でしたが、他にも色々な種をオマケで入れてくれましたわーい(嬉しい顔)


下の写真は一昨年に自家採種したもの。

tomato seeds.jpg

トマトの種は、実は産毛で覆われていてとっても可愛いです!
種子を包んでいるゼリー質を茶濾しを使って丁寧に洗い落としていくと、このような短い毛で覆われた種子が現れます。陰干しをしてよく乾燥させれば、3〜4年ほど保存ができます。


私は種の採取をするときには、いつもこの本を参考にしています。

seed savers book.jpg
自家採種ハンドブック―「たねとりくらぶ」を始めよう


オーストラリアで設立された「シードセイバーズ・ネットワーク」という、その地域で受け継がれてきた在来種の種子を保存しようという活動があるのですが、この本では種取りに関するあらゆるノウハウが紹介されており、この日本語版では日本固有の植物についてももちろん加筆されています。

在来種や自家採種のたねの交換はアメリカでも細々と行われており、日本でも各地で技術や種の交換会が行われているようです。

あ〜私もプランターでなく、自分で耕せる畑がほしいなぁ・・・かわいい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。