2009年03月09日

夏時間

red bud.jpg

最近急に暖かくなり、朝は賑やかな鳥の声で起きるようになりました。
公園の木々も蕾を膨らませはじめ、いよいよ春!といった雰囲気です。

さて、今日からサマータイムが始まりました。
パソコンや携帯電話などは自動的に時刻が変わりますが、その他のアナログ時計については自分で一つずつ1時間進めてまわります。

手で針を回せば瞬時にして1時間後の世界に。自分の手で時間を動かしているような錯覚。なんとも不思議な気分です。

そういえば、以前にアメリカから日本へ出発する日がたまたま自分の誕生日になったことがありました。誕生日の日のまだ夜も明けぬ早朝に出発し、日本に着いたらもう誕生日の次の日の夜になっていました。一体いつの間に!?と、誕生日を失った寂しさよりも、時差のしくみがどうにも不思議でたまりませんでした。
未だに時差というものがいまいち理解できなくて、ついては時間というものに対しても、非常に不確かで空虚なもののように感じてしまいます・・・。

ちょっと話が逸れましたあせあせ(飛び散る汗)
さて、昨年からサマータイムの期間が変更され、3月の第2日曜日から11月の第1日曜日までと、従来の期間からさらに4週間拡大されました。いまや1年間のうちの約3分の2がサマータイムということになります。これってどうなんでしょう?

サマータイムを導入することにより、日が昇っている時間帯を有効に活用でき、それによるエネルギー削減効果や経済効果はたしかにあると思います。でもそれなら、大掛かりに時間自体を変えずとも、勤務時間帯を変えれば解決するのではないかと思っています(9時から5時の勤務時間を夏期の間は8時から4時に変える、というように)。
多くのお店が平日・土曜・日曜と営業時間を変えているのですから、夏期営業時間というものがあったとしても慣れてしまえばなんともないと思うのですが・・・。
それと本来は太陽が一番高い位置に来る時間が正午ですが、サマータイムにより正午と12時がずれてしまうことも、どうなのかな〜と少々疑問に思います。

でも実際のところ、私個人としてはサマータイムよりも、国内の時差の方が煩わしいと感じています。以前に時差の境界線付近に住んでいたことがあるのですが、お店や病院に行く時などいちいち時差を念頭に入れなければならずとても面倒でした・・・。

以上、今日は私のサマータイムに対する雑感でした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。