2009年08月05日

こぎん刺しのブックカバー

kogin book cover (1).jpg

製作中のあるものとはブックカバーでした。
いつでもどこでも文庫本を持ち歩いている母からの頼まれものです。

ひとつ作って慣れてきたところで、もう一つ色違いで作りました。
二つ目を作る時は、同じ模様だったこともあり、一つ目よりもずっと短時間で楽に刺すことができました。写真を見ても、初めて刺した方(オレンジ糸の方)は糸こきがうまくできておらず布が少し寄っていますねふらふら 
刺し子でもこぎん刺しでも、やはりいくらか糸に余裕を持たせてふっくらと刺していった方が、刺繍部分がやわらかくなっていい感じに仕上がるようです。


今回もう一つ初挑戦したものが、「結び」。
初めてなので簡単なものを作り、しおりとしました。
ちなみにこの結び方は「吉祥結び」というそうです。延命長寿を意味するおめでたい結びです。

参考にしたのはこちらの本。
結びをあしらった美しい色使いの小物がいっぱいで、見ているだけで夢心地になれますかわいい

musubi book.jpg

結びでつくる きもの小物
この記事へのコメント
こんばんは ^^  さすがですね〜 こぎんと刺し子 そして 結び・・・糸と針で布の芸術を創り出す 世界は 溜息がでるほど 素敵☆
勤務先の 学童で お裁縫も教えていますが 刺し子にも 子供たちは 目を輝かせてくれます
日本の 素晴らしい 伝統技術を 知って やってみたい!という声を聞くと 嬉しくて♪刺し子市場さんの 作品に いつも 刺激を もらっています^^  
Posted by おけいこぶり at 2009年08月05日 19:49
くつおけいこぶりさま

こんばんは。
学童ではお裁縫まで習えるのですね。小さいうちから針を持っておくのはとてもいいことだと思います。

結びは見た目より簡単で、思いのほか面白かったです♪
Posted by 刺し子市場 at 2009年08月05日 20:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。