2009年09月09日

鍋で炊くごはん

高山に引っ越して、およそ1ヶ月が経ちました。
でもまだアメリカからの荷物が届いていないので(船便なので約1ヶ月半かかります・・・ふらふら)、最低限必要なものだけで暮らす屋内キャンプのような生活が続いております。

とりあえずの煮炊きができるよう、友人から大・小の鍋を一つずつ借りました。大きい方は見慣れない形でしたが、無骨でありながらも洗練されていてなかなか私好みのデザイン。どことなく、昭和30年代頃に炊飯用として使われていた「文化鍋」にも似ています。
ちょうど電気炊飯器もなかったので、試しにその鍋でお米を炊いてみることに。

Bunka-nabe.jpg

さっそく炊いてみたところ・・・、驚くほどに美味しかったです!
昔から、ガスで炊くご飯が美味しいというのは聞いたことがありましたが、これ程とは! しっかりふっくらピカピカに炊き上がります。
あまりの美味しさに、最初は塩だけつけて食べてました〜。
3合炊いたとしても、炊き始めから蒸らしまで入れておよそ30分ですから、電気炊飯器よりもはるかに速く炊き上がります。

cooked rice.jpg

偶然にも、引越しのプレゼントに友人から陶器のお櫃をいただきました。
またまた驚いたのが、お櫃に入れておくと、冷めてもなおお米が美味しい!
炊きたてのご飯の水分をお櫃が良い具合に吸ってくれて、一日中モチモチのお米が食べられます。人肌くらいに冷めたご飯の方が、個人的には好きかも・・・わーい(嬉しい顔)

ohitsu.jpg

電気炊飯器と電子レンジがないことから、必要に迫られて「ガス炊飯&おひつ」という生活を1ヶ月続けているわけですが、特に不便は感じていません。
ガスの火加減が面倒なのかな〜と最初は思ったのですが、
「ガスを付ける(強火)→ 沸騰したら中弱火 → 湯気が出なくなったら極弱火で5分 → 一瞬強火にした後、火から下ろして10分蒸らす」
と、ガスのつまみに触るのは計4回。蒸らしの時間を除くと、炊いている時間は正味20分程です。慣れてきたら、味噌汁や他のおかずを作ったりしながらチョチョッと出来るようになりました。
ほとんど湯気が出なくなった頃に鍋に耳を近づけると、チリチリぱちぱちという乾いた音がかすかに聞こえてきます。その音を聞くのも、ちょっとした楽しみです。

来週に荷物が届いたら、この鍋は友人に返さなければなりません。
以前から持っている電気炊飯器で炊いてみて味が大きく違うとなれば、炊飯鍋を買ってもいいかな〜と思案中です・・・。
この記事へのコメント
はじめましてカズと言います。
よろしくお願いします!
刺し子がしたくて調べていたら刺し子市場さんを見つけました。
私は今年42歳になる元和裁士です。
10年前までは和裁していたのですが…
自分の腕に自信が無くて…辞めました。
でも手縫いは好きなので何か自分のペースでできるものはないかと思い探していたら刺し子展で刺し子の体験コーナーがあると新聞で見つけて参加したらすごく楽しかったんです。
仕事でしていた時は楽しいと思えなかった縫う事がこんなに楽しいなんて自分でも驚きました。
初めての人向けの刺し子の本でお勧めの本があれば教えてください。
Posted by カズ at 2009年09月15日 13:01
かわいいカズさま

はじめまして! コメントありがとうございます。
元和裁士の方からコメントをいただくのは初めてなので恐縮しています。。。でも、カズさんの仰っていることはなんとなく分かる気がします。

私も数年間ですが和裁の仕事をしていました。常に納期に追われ、それをこなすのに必死であまり楽しむひまはありませんでした。でもとても勉強になることばかりで、今になってたいへん助かっていますが・・・。

その後アメリカに行くことになり、自由な時間ができた事を機に、それまで趣味でやっていた刺し子を本格的に作ることとなり、現在に至る・・・といった感じです。
自分でデザインを考え、図案を配置し、布や糸の色などを選んでいく刺し子の作業はとても楽しいものです。重ねて、大好きな運針も好きなだけできるのですから!わーい(嬉しい顔)

お勧めの本ということですが、刺し子の本はどの本も必要な材料や製図の方法などが書かれているので、カズさんのように手縫いに慣れている方であれば、どの本でも大丈夫だと思います。しいて言えば、「図案の種類が多いもの・作風が自分の好みに合っているもの」の方がなお楽しめると思います。

よろしければ、作られた作品など見せてくださいね!
今後とも、よろしくお願い致します。
Posted by 刺し子市場 at 2009年09月15日 18:01
こんにちは!
PCの具合が悪かったり、作品のオーダーの製作で、あっという間に夏も終わってしまいました。
飛騨に引っ越されたのですね。
いいなあ。高山は大好きで、何度か訪れたことがあります。
私が刺し子を刺すきっかけになったのは、「飛騨さしこ」でした。
なので私の中でも、思い入れのある地です。
この間も、刺し子糸を送ってもらったばかりです(笑)。そんな土地に住むことになったのも、ご縁があったのでしょうね。
上高地も近いし…

私もお鍋でご飯を炊いて、10年になります。
うちには、炊飯器がないので、子供たちは炊飯器でご飯が炊けないかもしれませんね。
10分くらいで炊けてしまうので、光熱費もかからないし、美味しい!!
現在の炊飯器事情もかなり進んでいるようですが、私はお鍋派です。

Posted by none at 2009年09月30日 12:41
かわいいnoneさま

こんにちは。コメントありがとうございます。

そうですか〜、「飛騨さしこ」さんがきっかけで刺し子を始められたのですか! 私も初めて訪れたときは「刺し子の専門店があるなんて!」と驚きました。

noneさんはもしかして山がお好きなのでしょうか?
私も山に囲まれた暮らしに憧れていて、このたび願いが叶うこととなりました♪ でも冬の寒さはそうとう厳しいらしく、最近では町で知人に会うと、「もう冬の準備はしてる?」というのが挨拶になっています。
上高地にはまだ行ったことがないのですが、これから少しずつ近隣の地域にも遊びに行ってみたいと思っています。

またいつでもコメントお寄せくださいね!
Posted by 刺し子市場 at 2009年09月30日 13:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。