2009年10月22日

流し紗綾形のテーブルセンター

久しぶりの刺し子作品のアップです。

オーダーメイドのご注文をいただいたテーブルセンター。
布やサイズ・大まかなデザインの指定はありましたが、刺し子部分についてはお任せということだったので、以前から気になっていた紗綾形模様を刺すことにしました。
少し角度をつけた「流し紗綾形」です。

Sayagata table runner(3).jpg

この紗綾形模様、16世紀後半に明から輸入された「紗綾」という絹織物にこの文様が用いられていたことからこう呼ばれるようになったそうです。それ以降、綸子などの地紋にはほとんどこの紗綾形が使われるようになりました。

以前にこちらで紹介したイギリス人の刺し子作家、Susan Briscoeさんの著書(The Ultimate Sashiko Sourcebook)の中に、紗綾形についての面白い指摘がありました。
「紗綾形はシルクロードを通じて古代ギリシャから中国に伝わった。確かに紗綾形は多くのGreek key patterns(ギリシャの鍵の雷門模様)に似ている。」(90頁より)

紗綾形の模様から優雅さと品格を感じるのは、どこか古代ギリシャの雰囲気を残しているためなのかもしれません。


今回はそんな紗綾形の歴史に想いを馳せながらデザインを考えました。
紗綾織の絹織物をイメージして糸は光沢のあるものを選び、両端には菊刺しを施して房を付けました。

Sayagata table runner(1).jpg

納品を終えて、お客様の感想をいただくまでは、毎回ドキドキです。
この記事へのコメント
すばらしい作品を見せていただきました。
オーダーされた方もきっと満足されていらっしゃる事でしょう。
布は柿渋でしょうか。裏地も気になります。

娘の成人式のお振り袖にもこの紗綾形の綸子を選び、えんじの無地染めにして、背に加賀紋を刺繍しました。
その後、袖を詰めてあげたので、母親になっても 折に触れ役立っているようです。

紗綾形は模様が続いているため、縁が切れないと
言う意味で、おめでたい物によく利用されていますが、
シルクロードを経てはるばる伝わってきたことは知りませんでした。
ありがとうございます。
Posted by さしこ藍・愛 at 2009年10月22日 15:01
こんばんは 思わず「おっ!」と声が出てしまいました。久しぶりに刺し子作品をアップしてくださったからです♪古代ギリシャですか〜ロマンを感じますね そういう奥深さも 刺し子の魅力ですよね^^勉強になります  同系色の糸で刺す・・・好きです
Posted by おけいこぶり at 2009年10月22日 19:35
アートさしこ藍・愛さま

えんじの無地で紗綾形の地模様に刺繍紋とは、なんて素晴らしいお着物!想像しただけでうっとりとしてしまいます。そんな着物を作ってもらった娘さんはお幸せですね〜。

コメントを読んで、自分の大切にしている着物のことを思い出しました。えんじの無地の縮緬に家紋を染め抜いている着物です。祖母が母に縫ったものを私が譲り受け、ここぞ!という時の着物としてとても重宝しています。

着物は一枚一枚に人の気持ちが込められていてとてもいいものですね。

あっ、布は写真では柿渋のようにも見えますが、綿麻上布を使いました。裏地は縞柄の綿紬です。
Posted by 刺し子市場 at 2009年10月22日 20:19
アートおけいこぶりさま

最近になってやっと落ち着いて刺せるようになってきました。これから寒くなってくると、いよいよ本格的な刺し子の季節ですね〜。

古くから伝わる伝統模様には一つ一つに意味があって興味深いですね。それぞれに人の想いが込められているように思います。
Posted by 刺し子市場 at 2009年10月22日 20:34
美しいですね。
私も同系色の組み合わせは大好きです。
菊刺しは、風呂敷の角に刺すと緩まなくなるとか…
紐の部分はどうなっているのでしょうか?

この裏地…
少し前に、普段着用に名古屋帯を仕立ててもらった生地と同じような…
緑、茶、橙の縞ですか?

紗綾形にそんな由来があるとは、驚きでした。
着物では定番ですものね。
Posted by none at 2009年11月02日 21:10
アートnoneさま

ありがとうございます。
テーブルセンターということで、毎日目にするものなので飽きのこないように・・・、と同系色で刺すことにしました。
そうです、裏地は緑・茶・橙の縞柄です。もしかしたら同じ布かもしれませんね!

紗綾形の由来については私も驚きました。他の模様についても調べてみたら面白そうですね♪
Posted by 刺し子市場 at 2009年11月02日 22:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。