2010年03月04日

酒蔵めぐり

今年の新酒ができました。

sakabayashi.jpg

高山では毎年1月から2月にかけて、市内にある8軒の造り酒屋が1週間交代で特別に酒蔵を公開するイベントが行われています。
普段はなかなか見ることのできない酒蔵の内部を案内してもらえ、さらには各蔵自慢の酒の試飲もできるとあって、お酒大好きな私はもちろん行ってきました!

初めて高山の地酒を飲んだとき、それまで好んで飲んでいた端麗辛口系のものとは味が大きく違っていたのに驚きました。高山のお酒はどちらかというと甘めで、非常にしっかりとした、とても味わいのあるお酒なのです。こちらに住んでみてだんだんと分かってきたのですが、山間部のためか漬け物や味噌などを使った味の濃いお料理が多く、それらにはやはりしっかりとした味のお酒が合うようです。なるほど、お酒の味はその地域のお料理に合うようになっているんだな〜、と妙に納得しました。

酒蔵めぐりでは、試飲をした後にその盃を記念にもらうことができます。その盃というのが杜氏さんが酒の味や色を見るために使う利き酒用の盃のミニチュア版で、ちゃんと底に「蛇の目」の模様も描かれていてとっても可愛いんです。何軒もまわったのでたくさん集まってしまいました・・・。自宅で利き酒をするときに使ってみようかしらわーい(嬉しい顔)

sake cup (1).jpg  sake cup (2).jpg  
この記事へのコメント
お酒お好きなんですね。

私も日本酒が大好きです。
(眠くなってしまって、沢山はいただけないのですが…)
新酒の季節は特別なものもあるので、楽しみですね。
酒蔵めぐり楽しそう!!

私は純米酒派です。
Posted by none at 2010年03月08日 16:03
雪noneさま

酒蔵めぐりでは、できたばかりのおり酒(酒粕)を使った甘酒も振舞われます。甘酒の味もそれぞれの蔵で違っていて興味深かったです!
Posted by 刺し子市場 at 2010年03月08日 21:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。