2010年05月16日

やっと一息

ある出版社から製作の依頼をいただき、この1ヶ月程は専らそれらに掛かりきりでした。
先日なんとか納品を終え、やっと一息つけました。これでようやく思う存分寝られますわーい(嬉しい顔)


さてさて、「この仕事が終わったら栓を開けよう!」と、楽しみにしていたとあるお酒。
今年の酒蔵めぐりで試飲をして気に入ったものの中の一つです。

hida-masamune.jpg

日本酒を10年寝かせて作る熟成古酒という珍しいお酒。
お味のほうはというと、非常にまろやかでまるで紹興酒のような味わい。今回は原酒を選んだので、度数も高めで20度あります。
肴などを必要としない、単独でじっくりと味わいたい、そんなお酒です。

この蔵元は昔ながらの手造り少量生産に徹していて、今でも「船」と呼ばれる昔のままの木製の絞り機を使っています。実際に実物を見せていただいた時は、経年で黒光りしているその船の美しさと、昔ながらの製法を守っているその姿勢にとても感銘を受けました。

美味しい一杯をいただいて独り満足。ささやかな自分へのご褒美です♪

川尻酒造ホームページ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。