2010年06月09日

こぎんのがま口

いとこの結婚式に出席するため、今週末に東京へ行くことになりました。
およそ一年ぶりの帰省となるので、家族や友人に会うのがとっても楽しみです♪

結婚のお祝いとして、いとこのお嫁さんにささやかなプレゼントを作りました。

kogin gama (cropped).jpg

お会いしたことがないので、好みが分からないのが難しいところ。気に入ってもらえるといいのですが・・・。


今回参考にしたのはこちらの本。

kogin book.jpg
津軽に伝わるやさしい手仕事 こぎん刺し

説明がとても分かりやすくて、こぎん&がま口初心者の私でもなんとか形にすることができました。
それにしても、こぎん刺しは面白い! 一段刺し進めるごとに確実に模様が出来ていくので飽きることがありません。というよりもむしろ、止めるタイミングが難しいわーい(嬉しい顔)

これから少しずつ、こぎん刺しのモノも作っていきたいと思っています。
この記事へのコメント
涼やかな色合いのこぎんのがま口、素敵です(^▽^)
花嫁さん、きっと喜ばれると思いますよ〜♪


はじめまして、nachiと申します m(_ _)m
ふた月ほど前から、記事を拝見させていただいておりました。
なかなかコメントを残せずにおりましたが、今朝のこぎん刺しのがま口をご縁と思い、思い切ってコメントさせてもらいました(^^ヾ
これからもお邪魔させていただきたいので、宜しくお願いします。
Posted by nachi at 2010年06月10日 07:48
こんばんは さすが刺し子市場さん こぎん刺しまで おちゃのこさいさいなんですね〜私 数か月前に こぎん刺しのキットを買ってきて トライしてみたのですが 私には 目数を数えて 図面通り刺して行く作業が 向いていないようで 刺し子の時にはない 苛立ちを 感じていまいまして・・・刺し子に専念しよ〜っと 1回で リタイヤしてしまいました
Posted by おけいこぶり at 2010年06月10日 19:53
晴れnachiさま

はじめまして!
コメントありがとうございます。

たしかに、蒸し暑くなり始めたこの季節、青色系でちょうど良かったかもしれません。
気に入ってもらえることを祈るばかりです・・・。

いつでもお気軽にコメントをお寄せください。
こちらこそ、今後ともよろしくお願い致します。
Posted by 刺し子市場 at 2010年06月10日 21:46
晴れおけいこぶりさま

こんばんは。
たしかに、刺し子以上にこぎん刺しは向き不向きがあるかもしれませんね〜。刺し子とこぎんは一見似ていますが、気を配る部分が全く違いますよね。

私は目数を数える作業が、なんか編み物をしているみたいでとても楽しかったです。いい気分転換にもなりそうです♪
Posted by 刺し子市場 at 2010年06月10日 22:01
ご無沙汰していました。
でも市場さんの作品はいつも拝見していたのですが・・

実は先月から私もガマ口に挑戦しようと思い、
口金を大量に買い込み、大島、柿渋、あずみ野木綿などに一目刺しをして準備。
ところが、口金に挟み込む段階で次々と失敗してしまいました。

原因は口金と本体のサイズが合わなかったり、
ボンドが布についたり、はずれてしまったり等など。

市場さんの作品の素晴らしさに私はショック状態です。
きっとゆったりした気持ちで作られていらっしゃるのでしょうね。

私も再度挑戦してみます。
Posted by さしこ藍・愛 at 2010年06月11日 23:29
晴れさしこ藍・愛さま

私も最近になりがま口に挑戦しまして、このがま口は実際には2個めです。初めて作ったものはあまり綺麗に仕上がらなかったので自分で使っています。

私も同じく、口金に挟み込む段階で苦労しました。1個めで得た教訓(本体のサイズの調節、縫い方の修正、ボンドの量など)を活かし、2個めは本当になんとかあせあせ(飛び散る汗)人に差し上げるに耐える仕上がりになりました。

こぎん用の布はとても厚地なので間にヒモを入れる隙間などなく、マイナスドライバーでちょっと無理やり押し込みました。ゆったりなんてとんでもない!私も長いこと口金と格闘しまして、やっとの思いで完成させました〜ふらふら

使う布によっても修正を要しますし、美しく仕上げるのはとても難しいですね。あとは数をこなして慣れるのみなのでしょうか・・・。
Posted by 刺し子市場 at 2010年06月16日 15:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。