2011年06月02日

うさぎの絵本

おかげさまで、娘は今日で110日目を迎えました。
無事にお食い初めも終わり、私もようやく赤ちゃんとの暮らしに慣れてきたところでそろそろブログを再開することにしました。

さて、娘が誕生してから、我が家には色々な国のうさぎが主人公の絵本が集まってきました。
アメリカのおばあちゃんからは「ピーターラビット」と「Goodnight Moon(邦題『おやすみなさいおつきさま』)」、日本のおばあちゃんからは「ブルーナの0歳からの本」。

ピーターラビットとミッフィーちゃんは日本でもお馴染みですが、アメリカではこの「Goodnight Moon」がとても有名で、誰もが子供の頃にベッドで読んでもらったことがあるそう。
暖炉のある緑色の部屋に子うさぎが1匹、ベッドの中で眠りにつこうとしています。でもまだまだ眠りたくなくて、絵や動物、時計や櫛、靴下やミトンの手袋など、部屋にあるすべてのものへ順番に「おやすみなさい」を告げていくというストーリー。おはなしと共に絵のトーンもだんだんと暗くなっていき、おだやかな韻を踏んでいる文章もとても心地良く、読んでいるこちらのほうも一緒に眠りに誘われてしまいそうです。。。


自身も子供の頃からピーターラビットが大好きだったというアメリカのおばあちゃん、なんとピーターラビット柄のベビーキルトまで作ってくれました!

Peter Rabbit babyquilt.jpg

干支も卯年の娘。今後もうさぎさんが増えていきそうな予感・・・。

ちなみに、いただいたピーターラビットの絵本は1977年出版のもの。夫のお兄さんが誕生した年に購入したものだそうです。
とても状態が良く、紙質も現在のものと比べるとやわらかくて、色使いにも温かみがあります。
それにしてもお義母さん、物持ちがいいなぁ。私もこれからずっと大切にさせていただきます!
この記事へのコメント
刺し子市場さんのブログが復活してとても嬉しいです!この日を心から待っていました!
お嬢さんのご成長を心からお喜び申し上げます!そしてアメリカのお義母さまからの心のこもった贈り物のお話、胸が熱くなりました。きっとこれを次の世代に受け渡すのをずっと楽しみにされていたんでしょうね。
お嬢さんを出産されて間もなく大震災があり、きっと精神的にも大変だったでしょう。私は遠く離れていながらも心穏やかならず、複雑な思いで日々を過ごしています。そんな時だからこそ、毎日一針でも刺すようにしています。刺し子から 毎日の生活こそが大事なんだと教えてもらっています。
お嬢さんの加わった新しいご家族の生活の様子をお知らせ下さるのを楽しみにしています!!!
Posted by なお at 2011年06月12日 10:34
*** なおさま

こんにちは!
温かいコメント、ありがとうございます。

ブログをお休みしていた間、本当に色々なことがありました。夢中で過ごしているうち気が付けば3カ月が経っていた・・・という感じです。
今回の震災で、普通に安心して日々を過ごせることがどれほど幸せなことなのか、改めて感じています。
私も少しでも手を動かしたくて、ちょこっとずつですがまた縫い物を再開しました。ブログのほうも、ゆっくりペースでも少しずつ更新していきたいと思っています。
Posted by 刺し子市場 at 2011年06月12日 23:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。