2012年12月15日

シェーカーペグ

アメリカで初めてシェイカーヴィレッジを訪れたときから、ずっと「いいなぁ・・・」と思っていたシェーカーペグ。

シェイカーの建物内で使われていた家具や生活用品は、全てこのペグに掛けられる仕様になっていました。インテリア性と機能性を備えた優れものぴかぴか(新しい)

candle holder.jpg  seeds room.jpg

このたび自分達の家ができたことで、思い切って取り付けてみました。
和室ばかりの我が家に合うものかどうか・・・という不安もありましたが、和室の鴨居の部分に実際に付けてみると、これが高さといい、木の質感といい、想像以上にペグの設置にぴったりでした!

まずは押しピンで印付け。試しに30cm間隔で印をしたらバランスも良かったので、それにて決定。
最初にドリルで穴を開ける時は勇気が要りますが、ひとつ開けてしまえばもう・・・後には引けませんわーい(嬉しい顔)

peg(1).jpg  peg(2).jpg

さっそくクリスマスのキルトツリーなどを掛けてみました。便利です♪

peg(3).jpg


ここからは、実際の設置に関して。

シェーカーペグはこちらで購入しました。
今回取り付けたのはMサイズ。穴開けに使うフォスナービットに関しては、専用の3/8インチ(9.5mm)のものはアメリカ製のため我が家の電動ドライバーで使用できず、9mmの木工用ドリルを使用しました(近所のホームセンターで購入)。結果としては、9mmでぴったりで、これだとボンドを使わずにゴム製ハンマーで打ち込むだけでしっかりと固定されます。


:参考サイト: Shaker Workshops



シェーカー―生活と仕事のデザイン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。