2007年01月11日

並幅が使い易い

tanmono roll.jpg

並幅とは、和服地の反物の幅のことで通常はおよそ36p。

並幅は小物や手提げを作るのには丁度良いサイズで、耳の部分もうまく活用できます。特に暖簾を作るときなどは脇の処理をしなくても済むので手間が省け、見た目にもすっきりと仕上がります。

なので私は、濃紺の藍木綿や浅葱木綿などの定番のものは思いきって反物で買うようにしています。(一反の長さは、木綿反でおよそ12m)
ただでさえ高価な藍木綿を一反買うとなると多少勇気が要りますが、切り売りよりは断然割安ですし、何よりも、手元に置いておく事で作りたいときに一気に取り掛かれるのでそうしています。

新しい反物を買う他にも、いい方法があります。
古い着物をはいで使うのです。蚤の市などで買える安い着物なら
気兼ねなく使うことが出来ますし、色や柄も地味なものから派手なものまで色々と手に入ります。


蛇足かもしれませんが、着物をはいでいくと全て四角い布になり、それらを繋げていくと、再び一反の長さになります。

初めてそれを知ったときは、新鮮な驚きがありました。
つまり、最低限必要な部分しか切っていないのです。もちろん着る人の寸法に合わせて作ってあるのですが、並幅で余った部分は全て縫い代の中に入れてしまいます。そうする事によって、寸法を変えて縫い直すことが可能になります。

これこそは、和服と洋服の作り方において大きく異なる所です。
服を作る、布地を再利用するという過程において、和服は実に無駄のない合理的な仕立て方なのです。

着物ってすごいなぁわーい(嬉しい顔)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。