2007年01月17日

絣のアクセサリー袋

jewelry bag (1).jpg  jewelry bag (inside).jpg
  
今まできちんとしたアクセサリー入れを持っていなくて、小さな木箱に適当に入れていました。旅行時にも持ち運びやすいよう、布製の入れ物があったらいいなとずっと思っていて、今年のお正月にやっと作ることが出来ました。

寸法や細かい部分は、自分の持っているアクセサリーに合わせて決めました。
表布の絣模様に少し色が欲しかったので、刺繍糸で絣風に刺してみました。朱色の他に、ところどころアクセントに黄緑色を入れてあります。

ポイントは、指輪入れの部分に笛の柄を使ったところ。
男性用モスリンのはぎれから持ってきました。
保護のため全体にキルト芯をはさみ、周囲にステッチをかけて仕上げてあります。

機能性重視ですが、色合いが何だか小さな着物みたいで見た目も気に入っていますわーい(嬉しい顔)


参考
かんたん刺し子の袋物」 吉田英子著 (文化出版局)

材料
布・・・ 表布 藍木綿 25cm×31cm
     裏布 木綿  25cm×55cm 
    別布 モスリン 5cm×10cm
糸・・・ フランス刺繍糸 少々
その他・・・キルト芯 25cm×62cm
        フャスナー(18cm)3本
        ボタン 2個



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。