2007年01月24日

製作の手順

こんな感じで進めています。

1.作るものを決める

私の場合、必要にせまられて作ることが多いです。
“こういうのがあったらいいなぁ”から始まります。

2.図案を決める

刺し子の本などを参考に、作りたいもののイメージに合う図案を
選びます。

3.布地を決める

目的に合わせた布を選びます。
例えば、よく洗うものには厚手の木綿、装飾的な小物には絹、
伝統的な雰囲気を出したい場合は藍木綿・・・など。
裏布もこのときに選びます。表布とのバランスを考えながら、大抵薄地のものを使います。

4.糸を決める

threads.jpg糸の色と太さを決めます。

刺し子糸:素朴で力強い感じを出したいとき等。
刺繍糸:色が豊富なので、微妙な色合いが楽しめます。

作品の大きさに合わせて太さ(何本どりにするか)を決めます。


すでに持っている糸で合う色がないときは買いに行きます。はぎれを片手に糸売り場にしゃがみ込み、じっくりと色を選んでいくのは、私にとって至福の時ですわーい(嬉しい顔)    

5.デザイン・サイズを決める

用途に合わせて、デザインと具体的なサイズを決めます。
刺し子を施すと必ずと言っていい程縫い縮みが発生するので、
多少余裕を持たせます。

6.図面を描く

plan sketch.jpg私は実際に作り始める前に、詳細な図面(縮小図)を描くようにしています。

多少時間を要しますが、大きい作品・複雑な模様・細かい付属品を付ける場合など、縫いながら確認できるので描いておくととても便利です。
同時に、使った糸番号なども今後のために記しておきます。

写真は浅葱木綿の鍋つかみを作ったときに書いた図面です。

7.図案を写す

図案を写すのは最も骨が折れる作業ですが、仕上がりに影響するので丁寧に写します。大抵はチャコペーパーを使って写していますが、直接布地に書くときもあります。

shituke mihon.jpg大きい作品、複雑な模様などはしつけ糸を使うと便利です。

左写真の作品はたいへん大きい物だったので、しつけ糸でマークをした後に直接チャコペンで書いていきました。


8.ひたすらに縫う

説明はいりませんね。
準備段階も楽しいですが、やはり縫う作業には及びません。
布や糸に触れながら、何も考えずに縫っていく作業は本当に気持ちがいいです。
タグ:刺し子
この記事へのコメント
Blog 訪問ありがとうございました
一枚の布の 刺し終わった時の快感が たまりませんよね  また覗かせてくださいね
Posted by 針刺し家 at 2007年01月26日 08:46
針刺し家さん
大きい物などは、特に達成感がありますよね。
そのわりに私は終わりが近付いてくると、なんだか寂しくなってしまうのですが・・・。
今も大きいのを作っているので、終わったらアップしますね!
Posted by sashiko at 2007年01月26日 23:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。