2013年10月05日

帽子繕い

およそ2年半前に弟に頼まれて刺繍を入れたハンチングの帽子。(そのときの記事はこちら

気に入ってよく被ってくれていたのは嬉しいのですが、帽子に穴が開いてしまったようで、このたびその修理を頼まれました。

hat darning-1.JPG

さて、どのように直せばいいものか。
パッチを充てたら目立ちすぎるし、麻糸を元のように粗い布目で編んでいってもまた同じように穴が開いてしまうだろうし・・・。

なにかいい方法はないかと我が家に滞在中のお義母さんに相談したところ、「ダーニングがいいんじゃないかしら?」ということで、私に代わって直していただきました!

hat darning-2.JPG

どうでしょう・・・。
麻糸は家にあったクラフト紐をほどいて使ったのであせあせ(飛び散る汗)若干色の違いがあるものの、これでなんとかいけるのではないでしょうか。だいぶ丈夫にしておいたし。
というか、もうこれ以上は難しいのでこれにて勘弁してもらいますわーい(嬉しい顔)


ダーニング (darning) 
 ウール製品の穴などにかがりを入れて補修する技法。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。