2007年05月02日

柿の花の手提げ

lunch-box bag.jpg

突然ですが、夫は毎日会社にお弁当を持っていきます。
今まではお弁当と水筒を別々に持って行っていたので、どちらかを忘れてしまうことが時々ありました。そこで、

「新しい職場になったことだし、お弁当バッグも新調しよう!」

ということで、両方が入るサイズのお弁当用の手提げを作ることにしました。


まえに作った柿の花の模様がすごく気に入ったので、今回も少しだけ形を変えた一目刺しの柿の花模様にしました。お弁当を入れるのでマチは広めで10p、バランスを取るため持ち手にも少し刺し子を入れました。

お弁当と水筒の他にもちょっとした物が入れられて、忘れ物が少なくなったと夫には好評です♪


参考
かんたん刺し子の袋物」 吉田英子著 (文化出版局)

材料
布・・・ 表布 厚地木綿 36p×70p
    裏布 木綿 36p×70p
糸・・・ フランス刺繍糸(DMC 3781番)4束
この記事へのコメント
わっ!
新作出来たんですね!
ダンナさまのもとで、お弁当etc.…、大活躍のようですね〜♪

柿の花、私も素敵だと思います☆
でも私にはまだまだという気がして、憧れの模様なんですよ^^

お父さまへのプレゼントと、形は違うけれど『おそろい』な感じですね。
あ、いいな〜(^^) と思いました。
Posted by わこ at 2007年05月02日 23:24
かわいいわこさま

はい!毎日使ってま〜す。

父に作った袋と同じ布、糸の色、模様で作ったので、どうしても「おそろい」な感じになってしまいますね。茶色だと何となく男性の持ち物っぽいし、汚れも目立たなくて(^^;)なかなかいいです♪

柿の花の模様、私も最初は『難しそう〜』と思っていたんですが、いざ刺してみたら見た目よりもずっと易しかったです。一目刺しは、普通の刺し方とはまた違った感覚があって楽しいですよ〜。おすすめです☆

Posted by 刺し子市場 at 2007年05月03日 03:55
刺し子市場さん、今頃はこんばんはの真夜中ですね?
(小声で)お元気ですか?

次々と作品がアップされていて驚いています。
しかも、刺し子市場さんは全部手縫いなんですよね?スゴイ…!
私は先月中ごろ取り掛かった花ふきんがなかなかすすまなくています。

キルトを作っている方たちは「和」だけでなく「刺し子」にも興味があるのかな?
アメリカでも「和」の小物が活躍してるんですね、刺し子市場さんお手製の^^

頼まれ物に楽しんでこたえちゃうトコロも凄いです!
これは刺し子市場さんに小物をお願いしたお二人も喜びますよね♪
またリクエストがあるのでは?私もリクエストしたいくらいです…

それから、布地と糸の色が変わると「柿の花」も随分表情が変わるんだなと思いました。
まえに刺し子市場さんが一目刺しをすすめてくれましたが、憧れてはいるもののやっぱり難しそうにみえてなかなか挑戦できていません。
でも、やっぱり出来上がったものを見ると綺麗だなって思います。
今のが終わったら、挑戦してみようかな。。。
Posted by わこ at 2007年07月07日 13:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。