2014年11月11日

飛騨の素材のレシピ・ポストカード集 第3集

前記事でご紹介したイラストレーター・西田さんの「飛騨の素材のレシピ・ポストカード集」に新たに第3集が加わりましたのでご紹介します。
第3集は、「一斗芋」「飛騨のりんご」「うるい」「小茄子」「茗荷茸」です。

vol3.jpg

今回もまた英訳の作業で関わらせて頂いたのですが、私もまだ食べたことのないマイナー野菜もあって、今度作ってみよう〜と思いながらの楽しい翻訳作業でしたわーい(嬉しい顔)
これらの中でりんごは一般的なのでは?と思われるかもしれませんが、私が感じるに、飛騨のりんごは特別です! 内陸性盆地型気候という昼間と夜の気温差が激しい飛騨地方。一日のうちで15℃以上の気温差がある日も珍しくありません。そんな気候が、この地方の野菜や果物の味をぎゅっと甘く濃くしてくれるのです。

りんごが大好きな夫も、「飛騨のりんごは今まで食べたりんごの中で一番美味しい!」と言って、毎年旬の時期に大量に購入して毎日モシャモシャと丸かじりしています。それを見て育った娘たちも毎日丸ごとをモシャモシャ。りんごはそうやって食べるものと思っていて、細く切って皮を剥いたものは食べようとしませんあせあせ(飛び散る汗) 私はというと、皮付きのままそんなにたくさんは食べられないので、他の野菜と絞ってジュースにしたり、「Apple Crisp」というりんごの焼き菓子にして食べています。

今回の「飛騨のりんご」のレシピは、我が家のそのApple Crispのレシピを採用していただいています。イラストにもあるように、アツアツのりんごの上にバニラアイスをのせて食べるのがおすすめです!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。