2014年12月30日

倒木

先日の大雪では、倒木による被害が市内のあちこちで起こりました。
雪国の高山でもこれほどの事態はたいへん珍しいことらしく、まわりの年配の方々も「こんなことは初めて。」と口を揃えて仰います。

今日はまあまあ気温も上がったので用事がてら久しぶりに散歩へ出掛けたのですが、そこで見た光景にびっくりしてしまいました。
先日の大雪から2週間近く経ちましたが、未だ多くの倒木が手付かずのまま横たわっていて、傾いたままどうにもできずにそのままになっている木もたくさんありましたがく〜(落胆した顔)

いつも遊んでいる公園に行く道。傾いている木の下をくぐるのは、やはりちょっと怖いです・・・。

fallen tree(1).JPG

fallen tree(2).JPG


公園では、一番大きかった木が倒れて、鉄の遊具を押し潰していました。
この木は、娘と公園でかくれんぼをするときにいつも私が隠れていた木でした。こんな太い木まで倒れてしまうなんてもうやだ〜(悲しい顔) 想像していた以上にひどい状態でショックでした・・・。

fallen tree(3).JPG

これからまだまだ雪の日が続くので、春になって雪が解けるまでおそらくこのまま放置されるのだと思います。春になってみたら、見慣れた景色が随分と変わってしまっているかもしれません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。