2016年05月13日

薪焚きのお風呂

今年は季節の進みがはやいですね。
桜も3週間ほどはやく開花しましたが、ここ数日の夏のような陽気で昨日からはやくも蝉が鳴きだしました!

さて、今回は家のリフォーム関連のお話。
昨年からお風呂の灯油ボイラーの調子が悪くなり買い替えることになったのですが、このたび新しく選んだのは薪焚きの風呂釜。

長府製作所というメーカーから出ている薪と灯油が併用できる便利な風呂釜です。このタイプは現在では2社ほどでしか作られておらず、設置の仕方も独特なため、施工してくださる業者を探すのに少し苦労しました。

maki furo stove.jpg


そしてなんといっても必要になるのは大量の薪。
まずは日曜大工で夫が薪小屋を作り、家族総出で一日かけて薪屋さんから運ばれてきた薪をせっせと積んでいきました。バランスをとりながらきれいに積み上げていくこの作業はすごく楽しかったです! 2tトラック2台分の薪が無事に収まりました。

maki stock.jpg


さっそくお湯を沸かして入ってみた感想としては・・・、
なんとも気持ちがいい!若い頃通っていた銭湯のお湯を思い出します〜。夫には気のせいだと言われるのですが、どうもお湯がまろやかに感じます。

リフォームといっても今回は性能としては退化しているような気もしますが(お湯張り機能や温度設定機能などはもちろんありません・・・)、結果的には大満足!
7年前に高山に越してきたのをきっかけに、まずはテレビと電子レンジを処分。最近になり炊飯器も処分しました。夜はランプを灯し、私以外の家族は皆20時には就寝・・・。先日は長年愛用していた電子辞書がいよいよ壊れ、全てを紙の辞書で揃え直しました。
どんどん時代が逆行しているかのような我が家です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。