2007年09月22日

ギリシャの刺し子

私の住んでいる地域はギリシャ系の方達が多く、毎年9月に彼らのお祭りが行われているというのでさっそく行ってみました。

お祭りは4日間に渡り、開催時間は連日「お昼〜真夜中まで」となっていました。
真夜中って・・・・・一体どんな騒ぎなんだ!? しかも会場は街で一番大きい、荘厳なステンドグラスで有名なギリシャ正教会です。
そんな場所で、飲めや踊れやのお祭りができるギリシャ正教って素敵ハートたち(複数ハート)

私はさすがに夜中までは居ませんでしたが、フェタチーズをふんだんに使ったギリシャ料理や、「ウゾ」と呼ばれるギリシャの蒸留酒を堪能できました。

ほろ酔いで教会内をふらふらとしていると、銀板彫刻のイコンなどの工芸の文化を紹介していた展示でギリシャの刺し子を発見!!
その細かな刺繍に、思わず酔いも醒めましたがく〜(落胆した顔)

Greek embroidery.jpg  Greek embroidery(detail).jpg

色はカラフルですが、奇数目を拾っていくその手法といい、その縦長の模様といい、津軽のこぎん刺しにそっくりです!
それが白い木綿布にびっちりと刺されていました。
昔はベットカバーとして使われていたそうです。暖かそうですね〜。


Greek folkdance.jpg

東ヨーロッパとイスラムの文化の影響を受けているギリシャの音楽も、とてもエキゾチックで素敵でした。東欧の音楽が特に好きな私はもうじっとしていられず、結局2日連続でお祭りに通ってずっと踊っていましたわーい(嬉しい顔)
フォークダンス&フォークミュージック大好きでするんるん



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。