2008年09月18日

バジルソース

朝晩涼しく、空気も爽やかになってきました。
もう夏も終わりですね。

夏のあいだにぐんぐんと育っていたバジルをまとめて収穫し、全てバジルソースにしてしまいました。

basils 2008.jpg  pesto sauce ingredients.jpg

材料は、フレッシュバジル・オリーブ油・松の実・にんにく・パルメザンチーズ。
これらをミキサーにかけて出来上がり。

酸化して変色しないように、最後にオリーブ油をたっぷり注いで保存します。

pesto sauce 2008.jpg


さっそく出来立てのソースをかけて、簡単なアペタイザーを作りました。
煎った松の実を使うことでとても香ばしい、美味しいソースが出来ました。

松の実に限らずナッツ類は、乾煎りしてから使うと驚くほど香りがよくなります♪

appetizer.jpg

2008年09月12日

トマトピクルス

cherry tomato 9-11-08.jpg

このミニトマト、去年にプランターで育てていたもののこぼれ種から自然に発芽したものなんです。アパートなので、「地面に直接生やしているのはまずいかなぁ・・・」とビクビクしている私とは対照的に、トマトはもの凄い勢いで成長していますわーい(嬉しい顔)


毎日余るほど採れてしまうので、溜まったトマトをまとめてピクルスにすることにしました。
小さいので湯むきするのは少し面倒でしたが、暑い時に一口つまんだり、ちょこっとサラダに入れたりするのになかなか重宝しています。

pickled tomato.jpg


冷製パスタに使ってみたら、思った通りとてもよく合いました。

cold tomato  pasta.jpg

2008年09月08日

ソムタム・クロック

somtam kurok.jpg

とうとう買ってしまいました〜、ソムタム・クロックぴかぴか(新しい)(タイ料理のソムタム用の臼)
これさえあれば、大好物のソムタム(青パパイヤのサラダ)を自宅で好きなだけ作れます。

以前購入した石臼よりも深さがあるので、これなら材料が飛び散る心配もなくガンガン叩いても大丈夫わーい(嬉しい顔)
素焼きなので使い込むうちにニンニクと唐辛子の香りが染み込んでいくそうで、それも楽しみです♪



papaya inside.jpg

さて、上の写真は何だと思いますか?

これ、パパイヤの中身なんです。イソギンチャクのような、とっても有機的な形をしています。
この種の部分をこそぎ落として、実を千切りにしたら準備OK。
(チーズグレイターを使ったら簡単に細切りができました)


somtam ingredients.jpg  somtam process.jpg

レシピはこちらのもの。
目指した通りの味になり、すごく作りやすいレシピでした。私はレモンの代わりにライムを使いました。

木製の棒で叩きながら、各材料を放り込んでいきます。
この作業がかなり楽しい!香りもプンプンして来ます。

1分程叩いて味をなじませ、お好みでキャベツやトマトなどを添えて出来上がり。


somtam.jpg

ソムタムともち米はすごく合うので、私はいつもこのセットで食べています。
もち米を手に取り、少し丸めてソムタムのタレに付けて食べるとすっごく美味しいです♪





アジアン雑貨タイのすり鉢 グロック 大

2008年08月27日

マルガリータの一日

今年の夏のあいだにしたいことがいくつかあるのですが、その一つが「大好きなマルガリータをたくさん作って、好きなだけ飲むこと!」でした。

なにも予定のない日曜日、そしてうだるような暑い日・・・。
そのような日が来たときのために材料は着々と揃えていたのですが、いざ、計画を実行するときが来ました!

レシピは、Food Networkのフローズン・マルガリータを参考にしました。
レシピでは一杯分の分量だったので、それを5倍にして作りました。必要な量のライムジュースを用意するのに5個のライムを搾りましたから、1杯でちょうどライム一個分の果汁を飲んでいることになるんですね。ただしテキーラも同量入れるので、アルコール度数としてはかなり高くなるのではないかと思います。

margarita ingredients.jpg


必要な材料さえ揃えれば、あとはブレンダーで30秒ほど混ぜれば出来上がりです。
サボテンの形の専用グラスがあればもっと良かったのですが、グラスは家にあるもので間に合わせ。その代わり、塩とライムを添えてみました。

frozen margarita.jpg


食事は、マルガリータに合うようにメキシカンにしました。
我が家はこんな風に、飲みたいお酒に合わせてメニューが決まることが多々ありますわーい(嬉しい顔)

マルガリータを飲みながら、サルサソースやワカモレ(アボカド・ディップ)などの付け合せも作りました。それらを作ってみて思ったのは、メキシコ料理は本当にライムをよく使うんですね。たくさん用意していたライムがあっという間になくなってしまいました。
夏野菜もたくさん入って、まさに暑い夏にぴったりの食べ物です。

mexican food.jpg  salsa.jpg

2008年08月20日

トマト遠足

スローフード・コロンバスが主催する、「A Taste of Ohio’s Heritage」というイベントに参加してきました。
オハイオ州の在来種トマトを育てている農園が会場で、30種類を超えるトマトのテイスティングと、地元産の材料で作った夕食をいただくという内容です。

一つずつトマトを試食してみて、その味が多様なのに驚きました。
ひとつひとつは確かにトマトの味なのですが、その濃さというか味わいが、種類によってかなり違うのです。そして色や形も、まさに色々ぴかぴか(新しい) その形や味から、「ソーセージ」「畑の桃」「赤い梨」など、面白い名前が付いているものもありました。

tamato tasting.jpg


その30種類の中で飛び抜けて美味しいと感じたトマトは、緑と黄色の縞模様の「Green Zebra」という名のトマトです。すご〜く甘くて味がとっても濃い!
ファーマーズマーケットでも、在来種のトマトはたまにしか出回らないので、見つけると必ず買うようにしています。

heirloom  tomatos.jpg


美味しい緑のトマトはそのまま食べるかサラダに入れて、その他のトマトは夏の野菜をたくさん使った「夏野菜パスタ」に入れたりして食べています。
味の濃いトマトは熱を通しても美味しいですし、見た目もカラフルになって食欲を刺激されますわーい(嬉しい顔)

summer vegetable pasta.jpg

2008年05月30日

手作りマスタードとカルボナーラパスタ

お気に入りの石臼で、定期的にマスタードを作っています。
この作業はもっぱら、調味料好きの夫にしてもらっています。見ていると、なにやら毎回微妙に調合を変えているようです。今回は蜂蜜を入れていました(写真のくまさん容器)。

making mustard.jpg  home-made mustard.jpg


その出来たてのマスタードを使って、カルボナーラ風パスタを作りました。
卵・生クリーム・マスタードを混ぜてソースを作り、ドライトマトとパルメザンチーズを加えて、最後にバジルの葉をちらします。
ここでも、去年から頑張っているバジルが役に立ってくれました。

mustard pasta.jpg

粒マスタードの香りを存分に味わえて、マスタード好きの人にはとても喜んでもらえる一品です!

2008年03月16日

白菜の漬け物

机の前の窓にずっと下がっていた「つらら暖簾」がいよいよ解け出しました。
3月半ばになり、やっと氷点下の日々から開放されそうですわーい(嬉しい顔)

icicles.jpg


少し季節外れかもしれませんが、スーパーでかわいい小振りの白菜を見つけたので漬けてみました。

hakusai-1.jpg

hakusai-2.jpg

hakusai-3.jpg

塩は白菜の重さの3%。
重石は白菜の重さの3倍。
外に出しておくと凍ってしまうので、冷蔵庫で作りました。
3日間くらい置いておいて、水が上がってきたら食べ頃です。

3・3・3で覚えやすい。



2008年02月25日

冬でもバジル

去年の夏の終わり頃、バジルを外から家の中の日当りのいい場所に移しました。
窓辺で暖かいためかずっと夏だと思っているようで、こんな真冬にもまだまだ成長を続けています。

basil winter.jpg

このところ育つ速さに食べるのが追いつかないので、剪定をかねて大きい葉を全部取ってしまいました。

取った葉は新聞にひろげて乾燥させたあと、ブレンダーにかけて粉々にして容器に入れておき、煮込み料理をするときなどにまた使っています。

dry basil.jpg

少ない土の量で、こんなに長い間元気に育っているバジルには驚きます。
ハーブといえども結構強いんですね。
それとも、米の研ぎ汁をたまにあげていたのが良かったのかな・・・?

2008年01月29日

梅醤番茶

毎日寒〜い日が続いています。
日中の最高気温がマイナス10℃なんて日もありますがく〜(落胆した顔)
東京出身の私には初体験の寒さです。


frozen window(1).jpg  frozen window(2).jpg

あまりの寒さに窓の結露も凍っています。
まるで、毎朝違った模様を見せてくれる日替りの磨りガラスぴかぴか(新しい)


umesyoubancha.jpgそんな寒い朝には、梅醤番茶を作ってゆっくりと体を温めるのが最近の私の日課です。
低血圧で朝はめっぽう弱いのですが、このお茶を飲むと体の中からじーんわりと温まって、やる気が沸いてきますわーい(嬉しい顔)

マクロビオティックの食物陰陽表によると、梅干し・しょうが・醤油はどれも陽性の強い食品なので、体を芯から温めるというのも納得がいきます。実際よく効きます、そして美味しい。

でもやっぱり冬は苦手なので、暖かくなるのが今から待ち遠しいです・・・。


梅醤番茶の作り方

湯飲みに梅干し1個・おろししょうが1かけ分・お醤油小さじ1を入れます。
そこに番茶を注いだら出来上がり。

タグ:梅醤番茶

2007年09月12日

Farmers Marketと夏野菜カレー

毎週土曜日はファーマーズマーケットの日。
今年から自宅で野菜が作れなくなってしまったので、新鮮な野菜が買えるこの日を楽しみにしています。

ファーマーズマーケットとはいわゆる「朝市」のことで、地元の農園の採りたての野菜、果物、花、手作りのパンやジャムなどがずらりと並びます。美味しい上に値段も安いので、朝市が開かれる5月〜10月の間は自然とスーパーの野菜を買わなくなります。

今週買ったもの。

farmers market's vegetable.jpg

果物が好きなので、ついつい多めに買ってしまいますわーい(嬉しい顔)
夏の疲れが出たのかこのところ体がだるかったので、さっそく買ってきた野菜を使って「元気が出る夏野菜カレー」を作りました。


summer curry (ingredients).jpg 材料はこれだけ!
(スパイスはカレー粉、クミン、ターメリック、ガラムマサラ。白い容器は小麦粉です。)






summer curry.jpg




水を入れずに野菜の水分だけで作ります。
私はしょうがを多めに入れるのが好みです。
スパイスの配合は適当、隠し味にメープルシロップを少し入れます。

2007年09月08日

ミニトマトとサンラータン

昨年は大きい畑があったので場所を気にせず何でも育てられたのですが、今春からアパート暮らしになったので、育てやすい葉物やハーブ類を中心にプランター栽培をしています。

9-7-2007.jpg   cherrytomato.jpg

現在ちょうど収穫のピークを迎えているのがミニトマト。
5月に一本だけ植えた苗が見る見るうちに大きくなり、隣にあったゴーヤの支柱もなぎ倒し、さらに放って置いたらもじゃもじゃのジャングルのようになって、もう収拾がつかない状態に・・・。とてもプランターで育てているとは思えない大きさになってしまいましたわーい(嬉しい顔) 

そのもじゃもじゃをかき分けて真っ赤になったミニトマトを探し、最近では一日平均20個程の収穫があります。どんどん食べないとすぐに溜まっていってしまうので、このところ毎日せっせとミニトマトを使ったお料理を作っています。


sannratan.jpgサンラータンは酸味と辛味があるので、暑い夏にはちょうどいいです。

本来はスープとしていただくものらしいですが、私は麺を入れて「サンラータン麺」にして食べています。今回はひやむぎを使いました。

結構さっぱりとしているので、食欲が落ちているときでも美味しく食べられます。



作り方
だしスープにネギ・トマト・しょうが・キクラゲを入れ、沸騰したら卵を入れる。
豆板醤と酢でお好みの味に調節する。

2007年09月01日

石臼

今まで何となく食のことは日記に書かないでいたんですが、
やはり大好きな野菜やお酒のことも載せたい!
ということで、これからは食べ物や育てている野菜のこともぼちぼち書いていこうと思います。


我が家はベジタリアンの夫に合わせて、基本的に自宅では菜食料理です。
菜食料理といっても卵・チーズやバターなどの乳製品は使っているので、普通の食事とあまり違いを感じません。というか今ではすっかり慣れてしまい、自己流の菜食メニューを楽しんでいますわーい(嬉しい顔)それでもたまに魚介類やお肉を食べたくなったときは、私は外食先でいただいています。

ベジタリアンには料理好きで野菜や調味料にこだわる人が多いですが、うちの夫も例に違わず、お料理と調味料が大好き。いつのまにか世界各地の調味料が把握しきれない程にたまっていき、私には一体どうやって使えばいいのか分からない物もたくさんありますふらふら

さて置き、それらのスパイスを使うときに便利な道具がこれ、

stone mortar.jpg

石臼です。

石の重さで砕いてくれるので、材料によってはすり鉢よりも使いやすいです。
スパイスをすり潰す他に、調味料を混ぜたり、岩塩を砕いたりするのにも我が家ではすごく重宝しています。これでマスタードなども作ります。

mustard.jpg

ただしすごく重いので、持ち運ぶときは要注意むかっ(怒り)