2017年04月28日

カモシカタイム

滅多に人の通ることのない家の裏の道でなにやら音がする…という時は、大抵カモシカが来ていることが多いです。

カモシカ 2017.4.JPG

私の存在に気付いてもなお、悠然と草を食べ続けるカモシカ。
そんなカモシカを眺めながら私も椅子に腰かけてしばし休憩タイム。

2016年05月13日

薪焚きのお風呂

今年は季節の進みがはやいですね。
桜も3週間ほどはやく開花しましたが、ここ数日の夏のような陽気で昨日からはやくも蝉が鳴きだしました!

さて、今回は家のリフォーム関連のお話。
昨年からお風呂の灯油ボイラーの調子が悪くなり買い替えることになったのですが、このたび新しく選んだのは薪焚きの風呂釜。

長府製作所というメーカーから出ている薪と灯油が併用できる便利な風呂釜です。このタイプは現在では2社ほどでしか作られておらず、設置の仕方も独特なため、施工してくださる業者を探すのに少し苦労しました。

maki furo stove.jpg


そしてなんといっても必要になるのは大量の薪。
まずは日曜大工で夫が薪小屋を作り、家族総出で一日かけて薪屋さんから運ばれてきた薪をせっせと積んでいきました。バランスをとりながらきれいに積み上げていくこの作業はすごく楽しかったです! 2tトラック2台分の薪が無事に収まりました。

maki stock.jpg


さっそくお湯を沸かして入ってみた感想としては・・・、
なんとも気持ちがいい!若い頃通っていた銭湯のお湯を思い出します〜。夫には気のせいだと言われるのですが、どうもお湯がまろやかに感じます。

リフォームといっても今回は性能としては退化しているような気もしますが(お湯張り機能や温度設定機能などはもちろんありません・・・)、結果的には大満足!
7年前に高山に越してきたのをきっかけに、まずはテレビと電子レンジを処分。最近になり炊飯器も処分しました。夜はランプを灯し、私以外の家族は皆20時には就寝・・・。先日は長年愛用していた電子辞書がいよいよ壊れ、全てを紙の辞書で揃え直しました。
どんどん時代が逆行しているかのような我が家です。

2016年01月09日

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願い申し上げます


高山に越して来て以来、初めての雪のないお正月!
スノーブーツの出番もなく、軽やかな足元で出掛けられるのが嬉しいです♪

あまりの陽射しの気持ち良さに、もうすでに今年の初ピクニックも済ませてしまいました〜。新年早々川の端でお弁当を広げている私たち家族を見かけたあるおばあさんが、家からわざわざ林檎をむいて持ってきてくださる、という嬉しい出来事もありました♪

昨年中は、絢工房としての活動の機会を数多くいただき、それらを通じてたくさんのご縁や出逢いがあり、本当に新鮮な嬉しい一年となりました。
刺し子に出会って20年。狂ったように刺し続けること10年。何やかや、私はずっと刺し子に助けられてきたのだなぁと改めて感じた年でもありました。

本年も皆様にとって素晴らしい一年となりますように!

2015年09月09日

お琴がきた!

毎月のように高山へ遊びに来ている実家の母。
この度の訪問では、孫にプレゼントするためのお琴を携えてやって来ました!

さっそく子供達の前で童謡やジブリの曲などを次々と演奏してくれました。
初めて見るお琴とその音色に、興味津々の娘達。間近で食い入るように見ていましたわーい(嬉しい顔)

koto.JPG  koto(1).JPG

幼少時からお琴に親しんでいた母は、私が子供の頃は自宅でお琴教室を開いていました。今でも、小・中学校の音楽の授業などで子供達に邦楽に親しんでもらう活動をしています。

そういえば、以前に母に頼まれてお琴を題材にした暖簾を作ったことがあります。弦を支える琴柱(ことじ)を図案化したものを並べて模様としました。

noren(kotoji)-2.jpg


下の写真は、今回一緒に持ってきてくれた、私が学生の頃に使っていた譜面入れと爪入れです。懐かしい〜かわいい
やはり和楽器は周りの小物も可愛いですね♪

koto(2).JPG

2015年08月18日

滝めぐり

夏が終わってしまう前に・・・と、隣町にある「宇津江四十八滝」という県立自然公園へ行ってきました。
渓谷に沿って遊歩道があり、頂上まで大人の足で1時間ほど掛かるでしょうか。およそ1kmのたいへん美しい登山道です。私も夫もとても気に入っている公園で、毎年夏になると家族で出掛けています。

48taki(1).JPG

娘が小さいときは、夫が背中に負ぶって登っていました。(上の写真)
今年は2歳3ヶ月の次女が登山に初挑戦。すぐにおんぶすることになると思っていたのですが、なんと!自力で頂上まで登ってしまいましたがく〜(落胆した顔) しかも手も繋がずに。私が何度も手を繋ごうとしても、手出し無用!とばかりに振り払われましたふらふら

48taki(2).JPG  48taki(3).JPG

結局チャレンジャー気質の次女は、自分の腰ほども高さのある石段をよじ登りながら、1時間半掛けて登頂。本人はそれは満足気でしたわーい(嬉しい顔)

48taki(4).JPG

遊歩道の途中にある、北アルプス連峰が一望できる展望台。
この景色が見たいがために、きっとまた来年も登ってしまうことでしょう。

2015年07月30日

川遊び

連日暑い日が続いていますね〜。
先日は友人に誘われて、涼をとりに谷川へ行ってきました。

river(1).JPG

案内されて行ったところは、車で30分程の飛騨川の支流。
透明度が高くて、とてもきれいな川でした。深さのあるところがエメラルドグリーン色に輝いていて、「なんでお水が緑色なの〜?」と長女はそれが不思議なようでしたわーい(嬉しい顔)

river(2).JPG

水があまりに冷たくて、夫は泳ぐのを断念。足を入れるだけでスーッと汗がひいて、浅瀬で遊ぶだけでもとても楽しめました♪

2015年07月13日

ブルーベリー摘み

いよいよ夏ですね〜晴れ 強烈な陽射しが照りつける中、週末はブルーベリー摘みに出掛けてきました。
私と娘たちにとっては初めてのブルーベリー摘み!娘たちは前日からとても楽しみにしていました。

今回訪れた農園は、市内にあるゴールデンベリーズさん。

blueberry picking-1.JPG

およそ20種類のブルーベリーに加えて、ブラックベリーやグースベリー等も栽培されています。農園の方から種類や摘み方などを丁寧に教えていただいたのち、さっそく摘み取り開始!娘たちは真剣そのものの表情で、半分カゴへ、半分口へと運びながら、せっせと摘んでいました。

blueberry picking-2.JPG  blueberry picking-3.JPG

夫が育った北米では、ベリー摘みはもっぱら子供の仕事だったそうです。なるほど、低い背丈と小さな手はベリー摘みにぴったり!実際、2歳の次女が一番たくさん摘んでいました。

blueberry picking-4.jpg

今まではお店で買ったことしかなかったので、ブルーベリーといえば小粒で酸味が強いというイメージがあったのですが、今回初めて完熟した摘みたてのブルーベリーを食してみて、イメージがガラリと変わりました。とっても大粒で、ジューシーで、甘い! 酸味が全くありません。これならいくらでも食べられますわーい(嬉しい顔)

当日はヨーグルトにのせたり、サラダに入れたりして、次の日は朝食にブルーベリーパンケーキを焼いて、美味しくいただきました♪

2015年05月18日

山の恵みの感謝祭

毎日爽やかなお天気が続いています。
高山の5月は気温が高いわりに湿度が低く、年間で一番気持ちのよい季節ではないかと思います。

そんな素晴らしいお天気のなか、『飛騨高山 森守クラブ』が主宰する「山の恵みの感謝祭」へ行ってきました。

mori-club(1).JPG

地元の林業に携わる方々が中心になって行っている、山の恵みを大いに活用したイベントで、子供から大人まで楽しめる内容になっています。
その中でも一番の楽しみは、なんといっても山の食材と間伐材を使ったお料理の数々!
子供達が山で採ってきた山菜をトッピングしたピザや、具沢山の大鍋を、間伐した丸太を使って豪快に調理していきます。

mori-club(6).JPG  mori-club(5).JPG

その他にも、テント(ティピ)設営の実演や、自然観察指導員の方からの森や野草についてのお話など、とても興味をひかれる内容でした。

mori-club(2).JPG  mori-club(3).JPG

山の斜面を何度も登り降りして疲れてしまった長女。
さっそくティピの中で昼寝をさせていただきましたわーい(嬉しい顔)

mori-club(4).JPG

2015年04月22日

うぐいす谷

いよいよ桜が満開に。高山にもやっと遅い春がやってきました。
週末はさっそく川原でお花見をしました。

hammock.JPG
桜の下で揺られているうちに寝てしまった長女。気持ち良さそう・・・。


不思議なことに、高山では梅と桜がほぼ同時に開花します。それだけ冬の寒さが厳しいということなのでしょうか。そして家のまわりでは、この季節を待っていました!とばかりに鶯が一斉に鳴き始めました。

我が家は小さな山の谷間に建っているのですが、この時期になると本当に一日中鶯の鳴き声が谷じゅうに響き渡るので、越してきた当初は驚きました。
住んでから知ったことですが、この谷は昔から鶯の多い谷として知られていて、別名「うぐいす谷」と呼ばれているそうです。
今朝も娘たちが一所懸命鳴き声を真似していましたわーい(嬉しい顔)

uguisu-dani.JPG

2015年04月15日

祭りの提灯

今年の春の高山祭り。初日は生憎の雨で、楽しみにしていた御巡幸(祭行列)も夜祭も中止になってしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)

そんな雨のお祭りでも、各家の軒先には祭り提灯が吊るされます。
今の家に越して来て3年目にして、ようやく我が家も町内会の提灯を吊るすことができました。

lantern(day).JPG  lantern(night).JPG

外が薄暗くなってきたところで提灯に灯りをいれます。この頃は電球にしているお宅も多いですが、我が家は昔ながらの和ろうそくで。
ぼんやりゆらゆらと、たゆたう灯りがたまりませんぴかぴか(新しい)

2015年01月11日

新年

連日の雪で、すっかり冬篭りの毎日です。
今年の新年は、年末から我が家に滞在していたアメリカからの友人とおおいに飲み、食べ、語り、とても楽しいお正月を過ごすことができましたわーい(嬉しい顔)

鏡開きの今日も、嬉しいことがありました。
昨年の秋からめっきり姿を現さなくなっていたカモシカが、今日は家族で姿を見せてくれました。一番後ろの身体の少し小さいカモシカはきっとこどもだと思います。昨年も産まれてたんだなぁかわいい

kamosika 2015-1-11.JPG

こどもたちと一緒に、こちらも家族揃って裏庭からしばらくカモシカ親子を眺めていました。
今年もどうか穏やかに、健康で過ごせますように。

本年もよろしくお願い致します

2014年12月30日

倒木

先日の大雪では、倒木による被害が市内のあちこちで起こりました。
雪国の高山でもこれほどの事態はたいへん珍しいことらしく、まわりの年配の方々も「こんなことは初めて。」と口を揃えて仰います。

今日はまあまあ気温も上がったので用事がてら久しぶりに散歩へ出掛けたのですが、そこで見た光景にびっくりしてしまいました。
先日の大雪から2週間近く経ちましたが、未だ多くの倒木が手付かずのまま横たわっていて、傾いたままどうにもできずにそのままになっている木もたくさんありましたがく〜(落胆した顔)

いつも遊んでいる公園に行く道。傾いている木の下をくぐるのは、やはりちょっと怖いです・・・。

fallen tree(1).JPG

fallen tree(2).JPG


公園では、一番大きかった木が倒れて、鉄の遊具を押し潰していました。
この木は、娘と公園でかくれんぼをするときにいつも私が隠れていた木でした。こんな太い木まで倒れてしまうなんてもうやだ〜(悲しい顔) 想像していた以上にひどい状態でショックでした・・・。

fallen tree(3).JPG

これからまだまだ雪の日が続くので、春になって雪が解けるまでおそらくこのまま放置されるのだと思います。春になってみたら、見慣れた景色が随分と変わってしまっているかもしれません。

2014年12月18日

大雪

まだ12月だというのに、全国的にたいへんな天候になっていますね。
高山でもこの3日間モリモリと雪が降り続け、このまま家ごと埋もれてしまいそうな勢いで積雪しています。高山に来てから今年で5回目の冬ですが、おそらくその間では一番の大雪ではないでしょうか。

snow 2014-12-17.JPG
部屋の中から見た昨日の外の様子。今日はこの倍くらいの量になっています・・・。


そして今朝起きると、なんと家の裏側にある大きな赤松の木が倒れて道をふさいでいるではありませんか!がく〜(落胆した顔)
幸い今のところまだ停電にはなっていないのですが、市内で着雪や凍結による電線や倒木の被害が相次いでいて、まだまだ気を許せませんふらふら
これ以上被害が広がらないことを切に願います。。。

fallen tree.JPG

2014年09月20日

きのこウォッチング

このところ朝晩は寒く感じるほどになり、寝床の気持ちよさに毎日寝るのが楽しみですわーい(嬉しい顔)

さて、今年の夏は雨が多く気温が低かったためか、例年よりだいぶ早くきのこが出てきました。
いつもの森の散歩道、あちこちから顔を出すきのこを娘たちと観察しながらゆっくりと歩きます。


mushroom-1.JPG mushroom-2.JPG mushroom-3.JPG

私が使っている図鑑は成美堂出版の「日本のきのこ」。
携帯するにはポケット版が便利です。

2014年01月14日

初転び

寒の入りとともに、いよいよ寒さも本格的になってきました。
今朝の気温はマイナス13度!窓の結露も凍り付く厳しい寒さですがく〜(落胆した顔)

Dondo-yaki.jpg

先日の日曜日は、氏神様の神社で行われていた「どんど焼き」に家族で行ってきました。朝一で行ったのですが、既に結構な人出でした。そして無事に御参りを済ませて境内を出たところで、あろうことか、やってしまいました〜新年初転びふらふら
毎年、今年こそは転ばないように気を付けよう!と思うのですが、凍った雪の上を歩くことになかなか慣れないのですよね・・・。今後の課題のひとつですわーい(嬉しい顔)

2014年01月06日

新年

from back road.jpg
自宅の裏側より源氏岳(げんじがたけ)を望む

あけましておめでとうございます

昨年は第二子が誕生し、忙しくも賑やかでとても充実した年となりました。
今年は少し落ち着いて、家族との時間を大切に、ゆっくりと楽しく過ごす年にしたいと思っております。

本年もどうぞよろしくお願いいたします

2013年12月18日

クリスマスツリー

先週あたりから毎日雪が降るようになり、週末にはしっかりと積雪。
町の景色もだんだんと白〜くなってきました。

snow 2013.jpg

さて、去年までクリスマスの飾りつけはキルトツリーで済ませていた我が家ですが、こどもも大きくなってきたこともあり、今年はクリスマスツリーのための木を用意しました。
「ドイツトウヒ」というヨーロッパなどでクリスマスツリーとして使われる木で、マツ科の常緑樹です。
夫は本当は森から生木を切り出したかったようなのですが、さすがにそんなことはできるはずもなく・・・あせあせ(飛び散る汗)、鉢植えの木でなんとか納得してもらいました。
オーナメントは、毎年一つずつ増えてゆく、お義母さん作のクロスステッチのサンタさん

Christmas tree.jpg

くれぐれも枯らさないように気を付けなければ。
年々大きくなってゆくクリスマスツリーが楽しみです♪

2013年10月12日

祭り中止の夜

今年の秋の高山祭の初日は、台風の影響で祭り屋台の曳きそろえ等ほとんどの行事が中止となりました。夕方には雨は止んだものの、道路が濡れているため楽しみにしていた宵祭も中止にもうやだ〜(悲しい顔)
あ義母さんが秋祭りの時期に滞在するのは今回で2回目なのですが、その2回とも雨で宵祭が中止となり未だ見られず。「私が雨を呼んじゃうのかしら・・・。」と冗談を言いながらもとても残念そうでした。

そこで、軽く夕食を済ませた後、散歩がてら屋台蔵を見に行くことに。
すると、屋台蔵の前で宴会を開いている町会があったり、動かせないながらも一時提灯を付けて蔵から出している町会があったり、祭壇が美しく飾られていたり、商店の窓にも祭りを祝う素敵なディスプレイがされていたり・・・。(獅子舞が篠笛を咥えているのがとっても可愛い♪)

2013 fall festival-2.JPG

2013 fall festival-1.JPG  2013 fall festival-3.JPG

皆さんの祭りを惜しむ気持ちが夜の湿った空気の中でしみじみと感じられました。帰り道に皆でお酒を少しいただいて、なぜかちょっと爽やかな気持ちで家路についたのでした。

2013年09月28日

義両親

このところ爽やかなお天気が続いていて、毎日がお散歩日和ですね晴れ

実はいま、我が家に夫の両親が滞在しています。
お義母さんは毎年のように遊びに来てくれているのですが、お義父さんは持病があることもあり、「もう外国へは行かない。」と公言していました。
それがこのたび、娘達に会うために一緒に来てくれることになりました。
お義父さんにとっては初めての日本! これがいわゆる孫パワーなのでしょうかぴかぴか(新しい)

普段からとても威厳のあるお義父さん。どうなることかしら・・・という私の心配をよそに、こどもと遊ぶのがとても上手なたいへん優しいグランパぶり。
人見知りをする上の娘も、二日目からは「グランパ好き!」と言って、二人で一緒に散歩に出掛ける仲になりました。

日本に到着した次の日から、お二人とも時差ぼけがあるにも関わらず子供達の面倒や家のことなど、率先して色々と手伝ってくれます。
おかげで私は久しぶりに一人で出掛けたり、友人と会ったりする時間ができて、ものすごく助かっています♪

うちの車は小さくて全員は乗れないので、毎日ひたすら歩いて高山の町を散策しています。朝市に行ったり、河原でぼーっとしたり、公園でビールを飲んだりわーい(嬉しい顔) (アメリカでは一般公道での飲酒は禁止されているので、ビール好きのお義父さんにとってはこれはとても嬉しいようです。)

朝から陽が差す気持ちのよい日には、皆で森の遊歩道を歩きます。

walk.JPG

お義母さんはゆっくりと10月いっぱいまで滞在の予定。
今晩の夕食はお義母さんが腕をふるってくれるというので、こうしてブログを書きながら待っているところです♪

2013年04月22日

高山ではちょうど今が桜の見頃です。
ところが昨日は急に冬に戻ったような寒さで、満開の桜に雪が降り積もる変なお天気でした雪 桜の花も驚いたことでしょうね。

さて、現在私は出産予定日を超過中。ウォーキングを奨励されているので、今日は歩いて20分程のところにある足湯のできる温泉に行ってきました。

屋外で満開の桜を眺めながら足湯が楽しめる、とても気持ちのいい場所です。そしてなんと有難いことに無料!
毎日の散歩コースに組み入れて、残り少ない妊婦生活を満喫したいと思いますわーい(嬉しい顔)

foot bath onsen.jpg