2018年08月20日

茗荷

お盆頃から蝉に代わって鈴虫の鳴き声が聞かれるようになり、ようやく夜も気持ちよく眠れるようになりました。今年は高山も凄まじい猛暑でしたが、なんとかクーラー無しで乗り切ることができました。

そんな今年の過酷な夏のあいだ、嬉しいことがありました。ほそぼそと家庭菜園をしている畑の隅に、茗荷が生えているのを発見したのです!

茗荷は好物でしたが、地面から生えている姿を今まで見たことがなく、一体どんなふうに収穫するのかずっと不思議に思っていました。そんな折、8月に入り草刈りをしていた夫が偶然に発見。大好きな茗荷が、地面から頭を出している姿を初めて見た時は感動しました〜。

茗荷(1).JPG


それ以来、必要な時に必要な分だけを穫るという幸せを味わっています。
可憐なお花も、グラスに飾ってしばらく鑑賞♪
夏の楽しみが増えました。

茗荷(2).JPG 茗荷(3).JPG

2018年08月06日

ブルーベリー摘み

我が家の夏の恒例であるブルーベリー摘み。
今年はあまりの猛暑にやめようかとも思いましたが、こども達の強い要望によりやはり行くことに。

さっそく地元のブルーベリー農園に連絡を入れてみると、「今年は雨が少ないのでものすごく甘くなってますー。」とのこと。その言葉に私も一気にやる気を取り戻し、灼熱の陽射しの下、せっせと2kg程を摘んでまいりました。

ブルーベリー農園.JPG


帰宅後もせっせと仕込み。大人用にはブルーベリーリキュール、こども用にはジャムとシロップを作りました。

ブルーベリージャム&シロップ.JPG

ブルーベリーは他の果物のように切ったり皮を剥いたりという作業がないので扱いやすく、そのまま凍らせるだけでも夏にぴったりのおやつになります♪

2018年08月01日

こどもの浴衣

いよいよ8月。
ここ一ヶ月程は早朝のヒグラシの大合唱が目覚まし時計代わりになり、毎朝4時半に起きています・・・。

さて、今夜は高山市の花火大会
この日は毎年こども達が浴衣で出掛けるのを楽しみにしているので、大急ぎで裄と身丈を測り、肩あげと腰あげを済ませました。
一年の中で、こどもの身体の成長をもっとも感じる作業です。


浴衣.JPG

2018年06月04日

薪の滑り台

いいお天気が続いています。
さきの週末は、家族総出でひたすら薪割り&薪積みをしていました。

夫がチェーンソーと斧で原木から薪にする。
子供達がそれを運ぶ。
私が薪小屋に積んでいく。
・・・という流れ作業です。

薪小屋は家の裏側にあるため運搬が大変、という昨年までの課題を今年はこんな形で解決しました。

薪積み(1).JPG 薪積み(2).JPG

薪運搬用滑り台!
裏側の斜面に波板を敷いてあっという間に完成。これなら子供でも楽しくお手伝いができます。

二日間の作業で、今年必要な分の1/3の量を薪にすることができました。
私は毎年積む係。パズルをしているような感覚もあって楽しいです♪

薪積み(3).JPG

2018年06月01日

ワックス塗り

今日から6月。
毎回、入梅前の爽やかなこの時期に行う、二年に一度のワックス塗り。
子供達のいない、お天気のいい平日の昼間をねらって家中の廊下にワックスを塗ります。ワックスが乾くまでの間は、移動させた棚などの掃除。

廊下.JPG

家の中の見慣れた風景が、いっとき変わるのがおもしろい。

2018年05月25日

山田

山田とは、「山にある田」という意味です。一般的には棚田とも言われます。
先日、山田を持つ知人に田植え前の田んぼの様子を見せていただきました。

山田(2).JPG

谷の地形の側面の山の中に位置するこの田んぼは、横も正面も、どこを見ても山・山・山。 棚田好きにはたまらない、ずっと居たくなるようなとっても気持ちのよい場所でした〜。

私は棚田や段々畑の風景が大好きで、そのために山に囲まれた高山市に移住したと言っても過言ではないほど…。
高山市は市全域の92%を山林が占めているため、いたるところ棚田だらけなのです。

棚田.JPG 段々畑.JPG

棚田や段々畑には、そこに住む人たちの勤勉さや健やかな心が現われているように思います。

2018年05月23日

丸太

ようやく暖かくなりストーブの時期が終わったと思ったら、すぐさま今度は来る冬のための薪の準備にかかります。

昨年はすでに割ってある薪を購入したのですが、今年からは原木を仕入れて自分たちで薪作りをすることにしました。
地元の森林組合より仕入れた量、およそ4トン。
小型のダンプトラックで4回に分けて配達していただきました。

2018年原木.JPG

薪割り台.JPG

トラックから降ろされた丸太の山を前に大興奮の子供達!
おまけで付けていただいた薪割り台をテーブルにして、さっそくお茶会を開いていました♪

2018年05月01日

バースデーチキン

5歳の誕生日を迎えた次女。
去年はチョコレートケーキを焼いたのですが、今年はなんと、「ケーキは要らないから、そのかわり丸焼きチキンにして!」というリクエストがありました。
どうやら去年のクリスマスに焼いたローストチキンがたいそう気に入った様子。というわけで、今年はバースデーケーキならぬ、バースデーチキンになりました。 

丸焼きチキン.JPG

やむなくチキンにろうそくを立てましたが、こんなんでいいのだろうか…。

ちなみに、誕生日プレゼントにリクエストされたのは「包丁」でした。
食いしん坊の次女らしい。

2018年02月20日

春の兆し

やっと少し寒さが緩んできたな〜と感じるこの頃。
今朝、道端で雪から顔を出したふきのとうを見つけました。

ふきのとう.JPG

まだまだ道路の雪が凍るほどの寒さが続く高山ですが、春は確実に来ている!と励まされます。

2018年02月01日

氷の滝

今日から2月ですね。
高山では今年は雪がそれほど多くないものの、氷点下の日々が続いています。先週からの寒波の影響で、保育園バスの送迎場所にある小さな滝もずっと凍ったまま。

冬の滝.JPG

それがなかなか綺麗で、毎朝娘と眺めています♪

2018年01月02日

新年

あけましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます


年末も押し迫った頃、次女に続いて夫までまさかのおたふく風邪発症。
子供の頃に予防接種を受けたというので安心していたのですが、かかることもあるのですね。皆さまもどうぞお気を付けください。

顔がまん丸くなった人たちが家の中をうろうろしていて、いけないと思いながらもどうしても笑ってしまいます。というわけで今年はまだ初詣にも行けず、家に籠って読書三昧のお正月。それもまた良しです。

2018−1−2.JPG

2017年12月25日

メリー・クリスマス

今年のクリスマスは、初めて鶏の丸焼きに挑戦!
中には食パンベースの詰め物がパンパンに詰まっています。
これからオーブンで2時間弱焼きます。どうかうまく焼けますように…。

Roast chicken.JPG

今年も皆様どうもありがとうございました。
来年の目標は笑って過ごすこと。
どうせ増えるなら、笑い皺が増えればいいなあ。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

2017年12月15日

欠席中 

先週末におたふく風邪にかかり、今週ずっと学校を休んでいる長女。
まんまるお月さまのようになっていた顔の腫れもようやく引いてきました。
熱が下がった週後半は、時間を持て余している娘のために一緒にクリスマスの飾り付けをしたり、バナナブレッドを焼いたり。

スノーマン.JPG バナナブレッド.JPG

長女と二人きりでこんなに長い時間を過ごすのは久しぶり。
それも今日で終わってしまうと思うとちょっぴり寂しいです。

2017年12月11日

放牧地

放牧地.JPG

少し車を走らせれば、こんな牧歌的な風景が広がる高山市。

紅葉したオークの木。放し飼いの牛。アメリカに住んでいた頃を思い出します。

2017年11月09日

紅葉

10月の下旬から急に寒くなり、今年は紅葉が一気に進んだ気がします。

我が家は春の高山祭(山王祭)が行われる飛騨山王宮日枝神社のお膝下にあるため、何処へ行くにも神社の参道を通ります。

日枝神社.JPG

その参道が現在紅葉の真っ盛り。下の娘の保育園の送迎で、朝夕2回はこの参道を歩きます。

参道.JPG

毎日微妙に変化していく葉っぱの色味。桜と同じく、紅葉もあっという間に終わってしまうから、より美しく感じられるのでしょうね。

2017年10月03日

絶景ピクニック

秋晴れの週末。あまりにいいお天気だったので、急遽おにぎりを握って
高山盆地の南西部にある松倉山(標高857m)に登ってみることにしました。

子どもの脚でも遊歩道入り口からおよそ30分で頂上に到着。
そこには、市内を一望できる絶景が広がっていました!

松倉山頂上.JPG

おにぎりを頬張りながら、自宅や通っている小学校などを探したり。
まるで立体地図を見ているようで面白かった〜。

近場でこんなにいい景色の場所があるとは今まで知りませんでした。
高山生活も8年目に入るというのに、まだまだ行ったことのない場所がたくさんあります。

2017年04月28日

カモシカタイム

滅多に人の通ることのない家の裏の道でなにやら音がする…という時は、大抵カモシカが来ていることが多いです。

カモシカ 2017.4.JPG

私の存在に気付いてもなお、悠然と草を食べ続けるカモシカ。
そんなカモシカを眺めながら私も椅子に腰かけてしばし休憩タイム。

2016年05月13日

薪焚きのお風呂

今年は季節の進みがはやいですね。
桜も3週間ほどはやく開花しましたが、ここ数日の夏のような陽気で昨日からはやくも蝉が鳴きだしました!

さて、今回は家のリフォーム関連のお話。
昨年からお風呂の灯油ボイラーの調子が悪くなり買い替えることになったのですが、このたび新しく選んだのは薪焚きの風呂釜。

長府製作所というメーカーから出ている薪と灯油が併用できる便利な風呂釜です。このタイプは現在では2社ほどでしか作られておらず、設置の仕方も独特なため、施工してくださる業者を探すのに少し苦労しました。

maki furo stove.jpg


そしてなんといっても必要になるのは大量の薪。
まずは日曜大工で夫が薪小屋を作り、家族総出で一日かけて薪屋さんから運ばれてきた薪をせっせと積んでいきました。バランスをとりながらきれいに積み上げていくこの作業はすごく楽しかったです! 2tトラック2台分の薪が無事に収まりました。

maki stock.jpg


さっそくお湯を沸かして入ってみた感想としては・・・、
なんとも気持ちがいい!若い頃通っていた銭湯のお湯を思い出します〜。夫には気のせいだと言われるのですが、どうもお湯がまろやかに感じます。

リフォームといっても今回は性能としては退化しているような気もしますが(お湯張り機能や温度設定機能などはもちろんありません・・・)、結果的には大満足!
7年前に高山に越してきたのをきっかけに、まずはテレビと電子レンジを処分。最近になり炊飯器も処分しました。夜はランプを灯し、私以外の家族は皆20時には就寝・・・。先日は長年愛用していた電子辞書がいよいよ壊れ、全てを紙の辞書で揃え直しました。
どんどん時代が逆行しているかのような我が家です。

2016年01月09日

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願い申し上げます


高山に越して来て以来、初めての雪のないお正月!
スノーブーツの出番もなく、軽やかな足元で出掛けられるのが嬉しいです♪

あまりの陽射しの気持ち良さに、もうすでに今年の初ピクニックも済ませてしまいました〜。新年早々川の端でお弁当を広げている私たち家族を見かけたあるおばあさんが、家からわざわざ林檎をむいて持ってきてくださる、という嬉しい出来事もありました♪

昨年中は、絢工房としての活動の機会を数多くいただき、それらを通じてたくさんのご縁や出逢いがあり、本当に新鮮な嬉しい一年となりました。
刺し子に出会って20年。狂ったように刺し続けること10年。何やかや、私はずっと刺し子に助けられてきたのだなぁと改めて感じた年でもありました。

本年も皆様にとって素晴らしい一年となりますように!

2015年09月09日

お琴がきた!

毎月のように高山へ遊びに来ている実家の母。
この度の訪問では、孫にプレゼントするためのお琴を携えてやって来ました!

さっそく子供達の前で童謡やジブリの曲などを次々と演奏してくれました。
初めて見るお琴とその音色に、興味津々の娘達。間近で食い入るように見ていましたわーい(嬉しい顔)

koto.JPG  koto(1).JPG

幼少時からお琴に親しんでいた母は、私が子供の頃は自宅でお琴教室を開いていました。今でも、小・中学校の音楽の授業などで子供達に邦楽に親しんでもらう活動をしています。

そういえば、以前に母に頼まれてお琴を題材にした暖簾を作ったことがあります。弦を支える琴柱(ことじ)を図案化したものを並べて模様としました。

noren(kotoji)-2.jpg


下の写真は、今回一緒に持ってきてくれた、私が学生の頃に使っていた譜面入れと爪入れです。懐かしい〜かわいい
やはり和楽器は周りの小物も可愛いですね♪

koto(2).JPG