2013年01月08日

裁ち板


新年あけましておめでとうございます雪
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます



今年は年明け早々とても嬉しいことがありました。
12月はじめに地元の広報誌の通信欄で目に留まった、「和裁の裁ち板お譲りします」という一行。駄目でもともとと思いながらすぐさま応募のお手紙を送ったのですが、取引不成立の場合は連絡がないとあったので、きっと駄目だったんだろう・・・と諦めていました。

それがなんと!年始早々に先方のかたからご連絡を頂き、譲っていただけることになりましたわーい(嬉しい顔)
さっそくお宅まで取りに伺い、そこで色々道具のお話などをしていたら、奥から素敵な裁縫箱まで出してきて下さり、一緒に戴くことになりました。なんて嬉しい〜もうやだ〜(悲しい顔)

和裁を習っていた頃からずっと欲しかった、憧れの裁ち板ぴかぴか(新しい)
当時は部屋も狭かったし、なによりも私には高価過ぎて到底手が出せませんでした。

もう、部屋に置いてあるのを見るだけでウキウキして、作業意欲がもりもり湧いてきます♪ 
この作業台で、今年も製作がんばります!手(グー)

tachi-ita.jpg

2012年12月28日

クリスマス

アメリカ人の夫曰く、「クリスマスの日の朝。それはもう、言葉では言い表せないほど特別な気持ち!」
娘ができたことで、自分が子供の頃に抱いていたクリスマスのわくわく感を思い出したようです。
クリスマスの1週間位前から、次々と届けられるカードやプレゼント。
ほとんどが娘宛のものばかりなのですが、それらをツリーの下に並べていく夫が一番嬉しそうでしたわーい(嬉しい顔)

去年のクリスマスに、アメリカのおばあちゃんが娘のために作ってくれた靴下。アップリケがとっても可愛い〜かわいい

Christmas stocking.jpg

クリスマスの日の朝に起きてみると、この靴下がサンタさんからのプレゼントでパンパンになっていました!

一方、夫と私のあいだでは、こどもと元気にクリスマスを迎えられたことがお互いへのプレゼント。
この日のために取っておいたサクランボのホットビールを飲みながら、ゆっくりとクリスマスの夜を過ごしました。

hot beer.jpg

さあ、次はお正月。そのまえに大掃除!
皆さまよいお年をお迎えくださいぴかぴか(新しい)

2012年12月09日

杉玉奉納会

今日は朝から本降りの雪雪 一日中氷点下の寒〜い日でしたふらふら

そんな雪のなか、お気に入りの舩坂酒造さんで「新酒祝い 杉玉奉納会」が行われるというので行ってきました。

その年の新酒の完成を知らせる杉玉の架け替え。毎年この青々とした新しい杉玉を見るたび、「あぁ、また搾りたてのお酒が飲める季節になったんだな〜。」となんとも幸せな気持ちになりますわーい(嬉しい顔) 
祝い唄や獅子舞の奉納とともに、新酒や粕汁が振舞われました。

今年の新酒も美味しかったです〜!

sugi-dama 2012.jpg   sisimai.jpg

2012年11月15日

初雪

昨晩から霙が降っていたのでもしかして・・・とは思っていましたが、朝起きて外を覗いてみると、すでに5cmほどの積雪!がく〜(落胆した顔)
例年より1ヶ月も早い初雪。しかも初雪から積雪するのは珍しいことです。

2012 first snow.jpg

慌てて物置きからシャベルを引っ張り出し、今年初の雪かき。
娘は降ってくる雪が不思議だったらしく、「雨・・・?」と言いながら首を傾げていましたわーい(嬉しい顔)

今年は雪の多い年になるのかな。ちょっと心配です・・・。

2012年11月10日

紅葉

今日は久しぶりに秋晴れのいいお天気でした。
あまりに気持ちのいい日だったので、今日は家でのお昼ごはんをはさんで午前・午後と、ほぼ一日中近所へお散歩に出掛けていました。

今年は急に寒くなったせいか紅葉がとても鮮やか。陽のひかりを受けて輝くさまのなんと美しいこと!
いつもの公園も、今日はなんだか特別でしたぴかぴか(新しい)

sannou-park.jpg


散歩の途中で通った神社で、たまたま「落ち葉拾いと焼き芋会」なるイベントが行われていて、飛び入りで参加させていただきましたわーい(嬉しい顔)
家族でアツアツの焼き芋を頬ばって、紅葉のおかげですごく得した気分の一日でした♪

Hiei shrine-2.jpg  Hiei shrine-1.jpg

2012年10月31日

新蕎麦

最近、朝晩がぐっと冷えるようになってきました。
今朝の気温は5℃。吐く息が白くなりますがく〜(落胆した顔)

さて、新米に加えて、今頃は新蕎麦の季節。
週末は隣町の飛騨古川で開かれていた新蕎麦祭りに行ってきました。

soba festa 2012(1).JPG   soba festa 2012(2).JPG

透明感のある、とっても綺麗で香りの高い美味しいお蕎麦でした〜ハートたち(複数ハート)


古川の町を散歩していると、もう柿を吊るしている民家がちらほら。
我が家もそろそろ干し柿の準備をしなくては!

hosi-gaki, Furukawa .JPG

2012年10月10日

宵祭り

毎年10月の9日・10日は秋の高山祭が行われます。

昨日は家族で、夕方から始まる宵祭りを観に行ってきました。
闇夜の中をゆらゆらと提灯を揺らし、ギシギシと音を立てながら、ゆっくりと曳かれる屋台。それぞれ100個もの提灯を灯した屋台が町を巡り、伝統の曳き別れ歌「高い山」を奏でながら、各屋台蔵へと帰っていきます。

昼間の豪華な行列も華やかで溜息がでますが、宵祭りの優艶な美しさにはより一層の魅力を感じます。

yoimaturi-1.jpg   yoimaturi-2.jpg


秋祭りが終わると、高山ではそろそろ冬の準備。
最近急に朝晩が冷えるようになり、我が家では昨日からいよいよ暖房がはいりましたわーい(嬉しい顔)

2012年10月09日

京都へ

この3連休は夫の学生時代の友人の結婚式に出席するため、家族で京都へ小旅行に出掛けました。

一日目は嵐山の近くの農家民宿に宿泊。
観光客で賑わう京都の町中から少しだけ入ったところにまさかこんな風景があるなんて・・・、といった本当に静かでのんびりとした素敵な場所でした。

黄金色に輝く稲穂、田んぼの畦に咲く色鮮やかな彼岸花、収穫後の田んぼに点々と積まれた籾殻の山、思わず笑みが漏れてしまうおもしろ可笑しい案山子たち。

二階の部屋からのぞむ池と田んぼの風景が本当にきれいで、長距離ドライブの疲れも忘れてリラックスできました。

minsyuku.jpg


二日目はいよいよ結婚式。
お式が行われた場所も、のんびりとした田園風景が広がる京都の田舎。
さらには現在ではとても珍しい、自宅で行う伝統的な挙式でした。
お式の準備やお料理も、すべてご近所の方やご友人の皆さんによる手作り。

私は新郎新婦とはほぼ初対面だったのですが、お二人の飾らない温かいお人柄が随所に感じられる、とても和やかで、温かい雰囲気に満たされた素晴らしいお式とパーティーでした。

そんなお二人の結婚式なので、参列されたご友人の方々も皆さんとても気さくでいい方ばかり!
知り合いが誰もいないという状況での出席でしたが、おかげでとっても楽しい時間を過ごすことができましたわーい(嬉しい顔)

party.jpg

2012年09月27日

天高くカモシカも肥ゆる秋

家の裏庭から初めてカモシカの親子を目撃したのは5月のはじめ。ちょうど私達が引っ越してきたばかりの頃でした。

そのときの子カモシカは体長30cm位で、本当にまだ生まれたばかりといった感じでした。必死にお母さんのあとに付いて行く姿がとても可愛らしかったですかわいい

その後しばらく見かけなかったのですが、夏に入った頃からまた頻繁に親子で姿を見せてくれるようになりました。

こちらは先月の写真。
kamosika(Aug).JPG


こちらは今月。
kamosika(Sep).JPG


着実に大きくなって、肉付きもよくなってきました♪
でもまだまだ移動はお母さんと一緒。カモシカの子は、通常生まれてから1年間は母親と行動を共にすると言われています。

自分もちょうど1歳のこどもの子育て中ということもあり、カモシカの親子の姿になんとも親近感を抱いてしまいますわーい(嬉しい顔) 
今後も子カモシカの成長を楽しみに見守っていきたいと思います。

2012年09月05日

初秋

ようやく朝晩が涼しくなってきましたね。夜は鈴虫の鳴き声を聞きながら寝ています眠い(睡眠)

週末は、シーズンオフのスキー場を利用したお花畑を見に行ってきました。
一面に蕎麦とコスモスのお花。広い敷地に初秋の爽やかな風がそよいで、とてものんびりとした時間を過ごせました♪

buckwheat flowers.jpg  cosmos flowers.jpg


家から車で30分程山に入ったところだったのですが、やはり市街地より気温も低く、雲にどんどん近づいてゆくようでワクワクしましたわーい(嬉しい顔)

clouds.jpg

2012年08月16日

お盆休み

あっという間にお盆も明けてしまいましたね。
今年は帰省をせずに、家のまわりでのんびりと過ごしました。

ご近所さんと流しそうめんをしたり、

nagasi-soumen.jpg


お気に入りの公園でピクニックをしたり、

picnic.jpg


張りきって庭に縁台を作ったり。

endai.jpg

縁台については、作った当日からバーベキューをしたり夕涼みをしたりと大活躍♪ 作ってくれた夫に感謝ですわーい(嬉しい顔)

2012年08月11日

手筒花火

高山では毎年8月9日は厄(や・く)にちなみ、厄除けを祈願しての手筒花火が行われます。

街の中央を流れる宮川に仮設台を設け、手筒組のメンバーが竹筒に仕込んだ花火を抱え、全身に火の粉を浴びながら打ち上げるという、それはそれは豪快なもの。打ち上げる者も観る者も厄落しができるように、という願いを込めて打ち上げられます。

「イヨ〜〜〜」という掛け声のもと、火付け役の人が手筒の口に種火を点火。滝のように火の粉が流れ出る手筒を持ち手の人が抱えて垂直に起こします。すると、轟音と共にオレンジ色の火柱が高く上がり、手筒を抱えた人は火の粉を浴びながら、数十秒のあいだ片足を引いたどっしりとした姿勢を保ちます。最後に「ハネ」と呼ばれる、衝撃音と共に筒の上下が破裂する爆発によって幕を閉じます。

tezutsu hanabi(1).jpg   tezutsu hanabi(2).jpg

手筒組の皆さんの勇壮な姿と合わせて、火薬の香りや煙、花火から出る熱までもが観客席まで届いて、とても迫力がありました!豪快に厄を払っていただき、おかげで気分もすっきりわーい(嬉しい顔)

tezutsu hanabi(3).jpg

興奮している私と夫をよそに、娘はなぜか始まってすぐに眠りに落ちてしまいました眠い(睡眠)
あの爆音の中でよく眠っていられるものですわーい(嬉しい顔)

2012年06月20日

アルプス展望

6月に台風が来たり、そうかと思えば真夏のような陽射しが照りつけたり・・・、このところお天気の変化が激しいですね。
私は基本的に暑いのが大好きなので、雨の合間の夏のようなお天気の日には積極的に出掛けてしまいますわーい(嬉しい顔)

娘もだんだんとよろけずに歩けるようになってきて、最近は歩くのが楽しくて仕方がない!といった様子。

娘が思いきり歩けるような広い芝生があって、同時に親もリフレッシュできるような場所はないかな〜と探していたところ、ぴったりの公園がありました!

アルプス展望公園「スカイパーク」

高山市街と北アルプスが一望できる、素晴らしい眺望!
風を感じながら、自然に深呼吸をしてしまうような、本当に気持ちがいい場所です。

ちょっと登っただけでこんな景色が望めるなんて・・・もうやだ〜(悲しい顔) 大げさですが、高山に越してきて良かった〜と思う瞬間です。

景色なんて全く気に留めず、せっせと歩く娘。背景にそびえるのは乗鞍岳です♪
sky park(3).JPG

2012年05月16日

引越し完了

ようやく荷物が片付いてきました。
小さいこどもを見ながらの作業なのでなかなか進まず、GWは遠出はせずに近所の山道の散策を楽しみました。

我が家の裏側は森になっていて、山の遊歩道への入り口があります。

entrance to the forest.jpg

写真にあるとおり、家の周りは特別鳥獣保護地区となっているのですが、引越しそうそう洗面所からなんとニホンカモシカを目撃してしまいました!
国の特別天然記念物にも指定されている、日本固有のウシ科の動物です。原始的な姿をとどめているため「生きた化石」や、その風貌から「森の哲学者」とも言われています。

Kamosika.jpg

ご近所の方に聞いたら、このあたりはカモシカの通り道らしく、時には親子でお散歩をしているそうです♪
とてもおとなしい性格なので、静かに見守っていれば問題ないということ。

私が見かけたときも、いつもの散歩道という風でゆったりと歩いていて、裏庭の木の新芽を食べていました。

それにしても、驚きました〜わーい(嬉しい顔)

2012年04月26日

引越し

最近の春の陽気で、高山でもやっと桜が咲き出しました。
我が家の周りは桜の木がいっぱいなので、家事をしながらも一日中お花見ができて嬉しいですわーい(嬉しい顔)

2012-4-24(4).JPG  view.jpg

ですが、気に入っていたこのベランダからの眺めも、今月いっぱいで見納め。
このたび家を購入したので、今月末に引越しをするのですぴかぴか(新しい)

引越し先も同じ高山市内。ただ今度は、少し山を登った森の中。
築27年の中古住宅ですが、鳥の鳴き声しか聞こえない静かな環境と、純和風の落ち着いた佇まいを私も夫も非常に気に入り、購入を決意しました。

満開の桜に見送られて、気持ちよく新居での生活を迎えられそうですかわいい

2012年04月11日

祭りやわい

やっと暖かくなったので、娘を連れて毎日のように町なかを散歩しています。

今週の14日・15日と春の高山祭りがあるので、町中のあちこちでお祭りの準備が進められています。

屋台やわい.jpg
屋台の整備をしたり。

春祭り御旅所.jpg
祭行列の御旅所の赤松も綺麗にお手入れ。

準備することを飛騨弁では「やわう」と言います。
各町内の住民の皆さんが集まり、蔵から屋台を出して一年間の埃を落とし、飾り付けなどを行うことを「屋台やわい」といいます。
先週末はあちこちでこの屋台やわいが行われていました。

今年のお祭りはちょうど土日にあたるので、相当な人手が予想されています。私もお祭りの日の午前中は朝市で販売のお手伝い。
いいお天気になるといいですね。絢爛豪華な屋台は、やはり青空の下で見たいですもの!

2012年04月09日

発見!

昨日ぐらいからやっと暖かくなってきました〜。高山にもようやく春がやって来たようです。

さて、最近わんわんという言葉を覚えた娘。川沿いの公園に隣接している我が家の前は、絶好の犬の散歩コースになっているので、毎日犬を見つけては「わんわん!」と言って喜んでいます。

egg‐laying time(1).jpg

今朝も窓の外を眺めながら、「わんわん!」と言っていたので見てみると、そこには鴨が。「あれは鴨さんだよ〜。」と言いながらよく見てみると、なんと雌のマガモが卵の上に座っているではありませんか!そのまわりには雄マガモが2羽、まるで周りを見張っているかのように座っています。これは確実に産卵期モードですね。

egg‐laying time(2).jpg  egg‐laying time(3).jpg

アメリカに住んでいたときに、毎年公園の鳥達の巣作りの様子を観察していたことを思い出しました(過去記事2007年 2008年 2009年)。まさか高山でまた同じ光景が見られるとは!

ちょうど公園の端にあるベンチの下なので、まず気が付く人はいないと思います。我が家の居間からはよーく見えますがわーい(嬉しい顔)
誰にも襲われずに無事にヒナが孵りますように・・・。これから毎日ドキドキしながら見守りますかわいい

2012年02月04日

立春

今日は立春ですね。
私は一月のお正月よりも、この立春の日の方が、新しい年の始まりとしてよりすんなりと心身に入ってきて、シャキッと気持ちが新たになりますわーい(嬉しい顔)

昨日までに部屋の整頓ややりかけだった仕事を済ませ、今日は朝一番で家族で氏神様へお参りに行きました。

Hida-sousha.jpg

昨年は娘が生まれたり、震災が起きたりと、大きな出来事が色々とありました。いまこうして家族が揃って元気で過ごせていることを本当に有難く思います。


立春が過ぎると少しずつ寒さが緩み始め、春の気配が忍び入ってくるといわれます。
まだまだ寒い高山ですが(今朝の気温は−7℃。神社の手水舎の水も凍っていましたがく〜(落胆した顔))、最近確実に日が長くなっていることが感じられて嬉しいです♪

この一年も、どうか楽しく健やかに過ごせますように・・・。

2012-02.JPG

2012年02月01日

雑穀のお餅・続編

先日ご紹介した高山の野村農園さんの雑穀のお餅が、昨日の毎日新聞の朝刊に掲載されました!

毎日jpというウェブ版新聞でパソコンでも見られます。掲載記事


実は昨年の末頃から、こちらの農園でお手伝いをさせてもらっています。
記事に書いてあるとおり、薪焚きのかまどで餅米を蒸すところから始まって、ついたお餅をのばす、切る、パック詰めまですべて手作業。ご夫婦のお二人で、とても丁寧な仕事をしておられます。間近で見させていただいているので間違いありませんわーい(嬉しい顔)

kamado.jpg

今回のお餅の受け付けは2月10日から。順次作りたてを送っていかれるそうです。
私も発送のお手伝いを頑張ります!手(グー)

2012年01月09日

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます

ご挨拶がだいぶ遅れました。
年末年始は実家に帰省していたのですが、私と娘が風邪をひいてしまい、年明けそうそう体調を崩しておりました。

高山に帰ってきてからは、連日モリモリの積雪・・・。
暖かくて空気が乾燥していた関東地方と、そのあまりにもの気候の違いに愕然としてしまいますがく〜(落胆した顔)

snow.jpg

高山で冬を過ごすのは今年で2回目(昨年は出産のため里帰りしていました)。
どれくらい雪が降るのか、気温がどこまで下がるのかもまだよく分からず、戦々恐々な毎日。

とはいっても、お日様が顔を出している時はそれはそれは美しい風景なので、晴れ間を狙って昨日は公園へ出掛けました。
寒さが苦手な私と違い、夫と娘は寒くてもとっても元気。雪の中で楽しそうに遊んでいましたわーい(嬉しい顔)

Shiroyama park(1).jpg  Shiroyama park(2).jpg

今年は辰年ですね。
天昇る龍のごとく威勢よくいきたいところですが、今年はできることを着実にこなしていければと思っています。
皆様にとりましては飛躍の年となりますように。
本年もどうぞよろしくお願い致します。