2007年06月27日

藍木綿のすきや袋

indigo sukiya bag-1.jpg  indigo sukiya bag-3.jpg

キルトを作っているアメリカ人の女性から小物を入れる袋を所望されたので、ちょっと変わったところですきや袋を作ることにしました。

「鮮やかな赤が好き」ということだったので、緋色の裏地を付けて開いたときに内側が華やかになるようにしました。

表布の角は、額縁を作ってきれいに処理をしてあります。裏地を付けたのでほとんど見えなくなってしまいましたが、自己満足なのでいいのですわーい(嬉しい顔)

模様はシンプルな渦巻き模様ですが、曲線だと運針が出来ず、頻繁に針を抜かなければならないので結構時間がかかってしまいました。


参考
かんたん刺し子の袋物」 吉田英子著 (文化出版局)

材料
布・・・ 表布 藍木綿 35cm×37cm
    裏布 木綿(赤)35cm×37cm
糸・・・ フランス刺繍糸(DMC815番)
タグ:すきや袋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。